虎石真弥のもっと走れる!美味しくケアするランナー食
レシピ17

骨作りに役立つ
~納豆でビタミンKを効率よく摂る!~

natto-jajasomen.JPG

『納豆ジャージャー素麺』


カロリー:426kcal(1人分) 


強い骨作りに欠かせない栄養素を憶えていますか? たんぱく質、カルシウム、ビタミンD、そしてビタミンKの4つですね。そのひとつ、骨の中にカルシウムを沈着させるビタミンKをもっとも効率よく摂取できる食品が納豆です。成長期の子どもやアスリートは毎日食卓に登場させたい食品ですが、定番の納豆ごはんばかりでは飽きてしまいます。そこで、ちょっと食欲が落ちやすい夏場でも食べやすい納豆レシピをご紹介。

鶏挽肉にたんぱく質、小松菜にカルシウム、干し椎茸にはDと、骨作りカルテットが揃っています。豆板醤やオイスターソースの濃いめの味が納豆のくさみを消してくれるので、納豆が苦手な方もぜひお試しあれ。


材料=4人分

鶏ひき肉  120g
納豆  2パック
たけのこ 1/2本(約100g)
干し椎茸  4個(湯で戻す)
ネギ 1/2本(粗みじん切り)
にんにく  1片
ごま油 小さじ2

甜麺醤  大さじ4
豆板醤 小さじ1
醤油 大さじ2
オイスターソース 大さじ2
砂糖 大さじ1
水 大さじ3

そうめん    6把
ネギ 1/4本(白髪ネギ)
小松菜    1/2把
トマト     中2個
にんにく    4片(にんにくチップ用)

  1. たけのこ、干し椎茸、にんにくは粗みじん切りにする。そうめんは袋の表示通りに茹でる。小松菜は熱湯でさっと茹でて水に取って冷やし、水分をしぼって5㎝程度の長さに。トマトは縦半分に切って薄い半月切り。
  2. フライパンにごま油を熱し、にんにくを入れる。香りが立ったら鶏ひき肉を加え炒める。色が変わったらたけのこ、干し椎茸を入れてさらに炒め、調味料をすべて入れて味つけする。最後に納豆とネギを加え、ひと煮立ちさせて火を止める。
  3. トマトを敷いた皿にそうめんを乗せ、肉みそと茹でた小松菜、白髪ネギ、にんにくチップを飾る。

構成/島沢優子 撮影/多賀谷敏雄 料理制作/久米幸絵 協力/岡本奈緒子 器協力/宮崎陶房 宮崎和佳子