卵丼


カリッと焼いた油揚げを鶏肉のかわりに入れた卵丼です。お肉が入っていなくても食感、味わいともに大満足。
それでもやっぱり親子丼派の方には油揚げを鶏肉にかえて。油揚げも鶏肉も入れると味わいはさらに豪華に。
重ね煮が入っているから、だしを使わなくても味わいは十分。お腹ぺこぺこなときに、ササッと手早く作れます。

IMG_0175-1.jpg

材料(2人分)
基本の重ね煮……200g                ご飯……どんぶり2杯分                
水……300ml(あれば重ね煮の煮汁50ml+水250ml)  のり(あれば)……適宜
油揚げ……1/2枚(50g)               しょうゆ……大さじ1~2
卵……2個                      みりん(または酒)……大さじ1


作り方
1、油揚げは熱湯を回しかけて油抜きする。フライパンを熱し、表面がかりっとするまで空焼きして短冊に切る。
2、鍋に分量の水、しょうゆ、みりんを入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら重ね煮、①を入れる。
3、卵を割りほぐして鍋に流し入れ、半熟になったら火を止めてふたをし、しばらく蒸らす。
4、ご飯をどんぶりに盛って③をのせ、あればのりをちぎって飾る。

※卵丼は重ね煮の煮汁が多いほどおいしくなります。煮汁がたっぷりあればみりんは不要。保存3~4日目以降には煮汁が保存容器の中にたまるのでちょうどいい頃です。