今月の美味しい歌舞伎

第6回 松崎煎餅「天然塩のおかき」「隈取の三味胴」

monaka1224.jpg

歌舞伎座の西側売店、お弁当予約カウンターの前にあるお煎餅屋さんは、文化元年(1804年)創業、現在の銀座本店に店を移してからは200余年という銀座の老舗、松崎煎餅さん。

いろいろなお煎餅が並ぶ中、私が大好きで自宅用、いや自分のおやつ用に買ってしまうのが、天然塩のおかきです。絶妙な塩加減ともち米の甘さがたまらなくて、シンプルだけど食べ始めると止まらなくなります。

monaka1224.jpgそして、歌舞伎座土産としておススメしたいのが、隈取(くまどり)の三味胴(しゃみどう)。三味胴は、松崎煎餅を代表する瓦煎餅(かわらせんべい)のことで、三味線の胴の部分の形に似ていることから名づけられたそうです。

隈取の柄がいろいろ入って目に楽しく、歌舞伎の話で盛り上がりそうです。小麦粉のさくっさくっとした軽さが魅力。そして、食べるとなんだか懐かしさも感じる優しい味です。

天然塩のおかき(13枚入り) 530円(税込)
歌舞伎座三味胴(5枚入り) 740円(税込)

(天然塩のおかきは、松崎煎餅の各店舗でお買い求めいただけますが、歌舞伎座三味胴は、歌舞伎座の限定商品です)

商品、お問い合わせ先については、銀座 松崎煎餅もご参照ください。

→バックナンバー

 

 

ページトップへ

小学館オンライン
© Shogakukan Inc. 2009 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。