写真家・山内順仁のトップ

World Heritage

ギリシャ アスクレピオスの聖地エピダウロス,Sanctuary of Asklepios at Epidaurus,GREECE



ギリシャ、ペロポネソス半島東部に位置する古代都市。(1988年ユネスコ世界遺産登録)


アテネよりエピダウロス行きのバスで2時間半程。

ギリシャの夏は暑い、この日も強い陽射しが照り付けていた。
こまめに水分補給をしなければならない程に汗が流れる。


エピダウロス.gif
◆Suono dell'eternita◆

紀元前330年頃に建てられた劇場。
エピダウロス野外劇場は山の斜面を利用した扇形の座席で14000人を収容できる。

その音響設計は計算し尽くされていて舞台上のささやき声も聞こえるほど。
最上段、最前列どの席にも同じようにその音が聞こえる。

古代人はヒーリング効果により癒されていたのではないだろうか!


演舞場の中央に直径30cmほどの石があり、
そこにコインを落とすと10円と100円の音の違いが55段上の最上席ではっきりと判る!
それから、紙屑を丸める音までもがリアルに聞こえるという音響効果である。


例えば、14000人が座ると反射音(間接音)が少なくなり、
直接音が耳に到達するので、更にリアルな効果があるのではないだろうか!?

2000年以上もの時を経て、今でも機能していることに驚かされた。


これが、ギリシャのパワースポットだ!!!




◇古代文明の高い技術力に感謝◇




山内順仁




greece.gifGreece
Date of Inscription: 1988
Criteria: (i)(ii)(iii)(iv)(vi)
Property : 1393.8000 ha
Buffer zone: 3386.4000 ha
Prefecture of Argolis, Region of the Peloponnesos
N37 40 0 E23 7 0
Ref: 491


より大きな地図で Yorihito Yamauchi Atlas を表示





2010.04.27|14:56|World Heritage

▲このページのトップへ