写真家・山内順仁のトップ

World Heritage

イギリス ストーンヘンジ Stonehenge UK

ストーンヘンジ2.jpg
◆ストーンヘンジ◆
UK Stonehenge, Avebury and Associated Sites
ロンドンから西に約200km、イギリス南部・ソールズベリーから北西に13kmに位置するストーンヘンジ。(1986年ユネスコ世界遺産登録)

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
Date of Inscription: 1986
Minor modification inscribed year: 2008
Criteria: (i)(ii)(iii)
Property : 4985.4000 ha
Buffer zone: ha
Wiltshire, England
N51 10 44 W1 49 31
Ref: 373bis




紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと考えられている。
当時としてはかなり高度な技術が用いられ、また、膨大な労力を要したとされる。
ストーンヘンジがどのような目的で作られた物なのかは、夏至の日の出と冬至の日没を指し示すような造りから、古代天文学、祭祀場など様々な説があるが未だ結論は出ず、多くの謎に包まれている遺跡。


ロンドンから車で約2時間ほど。単調な景色が続く、、、
撮影に向かう車の中で、まだ観ぬその姿を想い、期待が高まってゆく。


車から降りると周りは何も無いが、交差点も近く交通量は思った以上に多い
チケット購入後、場内に!
お決まりの関連グッズのショップを横目で観ながら、カメラを握る力が自然と強くなっていく。
緩やかなスロープを登ると広い敷地の中にシルエットでポツンと。
遥か古代の空気感を私に感じさせてくれる。
芝生か野芝か判らないが朝露が蒸発しているせいなのか、とても美味しい空気だ!

雲たちも何かメッセージのキーワードのように観えてくる!


不思議な力が宿る聖地。


ファインダーを通して、古代人に語りかけるようにシャッターを切る、この遺跡の意味を問いかけてみる。


どうですか?  この作品から、その返事は聞こえましたか?


5000年前失われた神が築いた遺跡、英国最大のミステリーに思いを馳せながら遥か古代のメッセージを読み取ってみてください。


それでは、今回も観て下さった皆様に、感謝。



山内順仁




2009.11.09|00:08|World Heritage

▲このページのトップへ