写真家・山内順仁のトップ

World Heritage

スペイン アントニ・ガウディの作品群(グエル公園)Works of Antoni Gaudi(Park Guell)SPAIN



スペイン、バルセロナに位置する公園。
アントニ・ガウディの作品群の一つとして1984年にユネスコ世界遺産登録。



グエル公園の入口を入るといきなりの階段だ。
階段を登り呼吸が乱れる私を出迎えてくれたのは、カラフルな色彩のトカゲ。



グエル公園01.gif


ここでも行雲流水である。
観光客が写らない静止した時間を撮らせて貰ったという感じです。
感謝です。
グエル公園02.gif


一通り観て回るのであれば1時間程度と言われたが、おとぎの国にハマってしまった。(笑)



知らず知らずに自然に観えてくる満喫感が込み上げてくる。
我が子も連れて来てあげたい心境になってしまう公園だ。
グエル公園03.gif





ガウディの住んでいた家は博物館として利用されており、ガウディのデザインした家具やガウディが使用したベッドなどが置いてある。
ショップもあり、いつか自宅を建てる時に使用したいと思いガウディの家のノブと同じ真鍮のノブを3種類購入した。
現在1個扉に使用しているが、後2個はその時を待っている。。。
グエル公園04.gif




今にも動き出しそうな感覚である。
グエル公園05.gif




柱の構造体はレンガで、大地から切り出した石でわざわざ表面を覆っている。
グエル公園06.gif




丘陵の一部を削りプロムナード(散歩道)がトンネル状に成っており雨の日でも濡れずに歩ける。
グエル公園07.gif




曲線を描いて連なる快適なベンチ
グエル公園08.gif


砕いたタイルやガラスの装飾は、どこを切り撮っても美しくとても楽しい。
太陽の位置で色々な輝きや曲線が変化していく。。。

広場は、86本の柱で支えられている。
広場に降った雨水は、86本の柱の中を通り地下貯水池に溜まるという市民のための設計だった。

ガウディを理解した沢山の職人が人生を捧げて出来ていると感じる。

次回は、雨で濡れ輝くおとぎの国に行ってみたい。


◇自然主義に感謝◇




山内順仁




itary.gifItaly
Date of Inscription: 1984
Criteria: (i)(ii)(iii)(iv)(v)(vi)
Province of Venezia, Veneto Region
N45 26 03.5 E12 20 20.2
Ref: 394 


より大きな地図で Yorihito Yamauchi Atlas を表示



2010.06.15|11:46|World Heritage

▲このページのトップへ