写真家・山内順仁のトップ

World Heritage

イタリア ヴェネツィアとその潟(ドゥカーレ宮殿) Venice and its Lagoon(Doge's Palace),ITARY

5世紀頃、ゲルマン族の侵入から逃れるために当時湿地帯だった場所に作られた街
100以上の島々が約400の橋と150以上の運河で結ばれている(1987年ユネスコ世界遺産登録)


水の都ヴェネツィアを初めて訪れたのは、十数年前
スタッフとは別行動でフランスからヴェネツィアへ

アシスタントと二人でヴェネツィアテッサラ空港到着

連絡では、運転手が待っているからそれに乗って下さいと一言
後は、ヴェネツィアのホテルで待っていますと、、、

機材を持ってターミナルの扉を開けて外に出ると目の前は、海!
Mr,YAMAUCHIと書いたメッセージボード持ったお迎えの運転手?船長?が。。。

いきなりタクシー船に乗るという新たな経験である
旅の醍醐味は、自分の引き出しを増やしてくれる

長くなったが、憧れのヴェネツィア
今回は、サンマルコ広場にあるドゥカーレ宮殿と運河を隔てて対岸の牢獄跡との間に架けられた「ため息橋」


◆Bridge of sigh◆

この橋はドゥカーレ宮殿の尋問室と牢獄を結んでいて、この橋からの眺めは囚人が投獄される前に見るヴェネツィア最後の景色となる。
独房に入れられる囚人がこの橋からの美しい景色を眺め、この景色を見るのも最後かとため息をつくというのがその名前の由来である

何だか悲しいお話なのですが、こんな言い伝えもあります
恋人同士がこの橋の下でゴンドラに乗り日没時にキスをすると永遠の愛が約束される、と
こちらは素敵な言い伝えですね


山内順仁

itary.gifItaly
Date of Inscription: 1987
Criteria: (i)(ii)(iii)(iv)(v)(vi)
Province of Venezia, Veneto Region
N45 26 03.5 E12 20 20.2
Ref: 394 


より大きな地図で Yorihito Yamauchi Atlas を表示
2009.12.23|00:08|World Heritage

▲このページのトップへ