写真家・山内順仁のトップ

World Heritage

フランス シュリー=シュル=ロワールからシャロンヌまでのロワール渓谷(シャンボール城) The Loire Valley between Sully-sur-Loire and Chalonnes(Chateau of Chambord),France



シャンボール城は、フランス、ロワール渓谷に点在する城の中で最大の広さを誇る。
1519年から1547年にかけて建設された。2000年ユネスコ世界遺産登録
(シャンボール城単独では1981年に登録されているが、その後指定範囲が広げられた)



30年前に一人でフランスへ

ロワール川流域古城めぐりのツアーバスでお城へ行ったのが最初である。
森の中を抜けるといきなり華麗に装飾された屋根のシャンボール城が、、、

シャンポール城01.jpg

◆Chateau de Chambord◆

ガイドブックの小さな写真でしか観ていないので、違いすぎるスケールの大きさに圧倒される。
シャンポール城の勝ちとでも言うのが正解なのか?
ため息をつくツアー客は全員負けという感じ。


中に入ると有名な二重の螺旋階段へ
上る人と下る人がすれ違うことのないように、巧妙な設計になっており不思議でしたね。


数年後、ミュージシャン・吉川晃司くんの限定豪華写真集の撮影でロケ場所に。
私とアートディレクターは行った事があり、時間が無いという理由でロケハンすることもなく
シャンボール城へ。

440の部屋、84の階段、暖炉へと繋がっている365本の煙突。
シャンポール城02.jpg
◆ombre◆

広大な敷地の中、撮影したい場所が多く、迷いと撮影時間との戦い。
かなり贅沢に、まさに美味しい所取りな撮影を!
撮影しきれなかったことに、後ろ髪ひかれる思いであった。
また訪れる機会があれば、暖かい時期にゆっくりと時の流れを感じてみたいものだ。


◇優雅さを優先する宮殿に感謝◇





山内順仁




france.gifFrance
Date of Inscription: 2000
Criteria: (i)(ii)(iv)
Property : 85394.0000 ha
Buffer zone: 208934.0000 ha
N47 23 56.004 E0 42 10.008
Ref: 933 



より大きな地図で Yorihito Yamauchi Atlas を表示

2010.03.18|13:30|World Heritage

▲このページのトップへ