写真家・山内順仁のトップ

World Heritage

フランス ヴェルサイユの宮殿と庭園 Palace and Park of Versailles FRANCE



1682年、フランス王ルイ14世によって立てられた宮殿。
パリの南西およそ22kmの距離に位置する。(1979年ユネスコ世界遺産登録)



広大な宮殿と庭園やトリアノンまで観て回るには、ほぼ一日かかる。
ヴェルサイユ宮殿01.gif


冷たい風が吹き、室内を歩いていても寒さを感じる。
ヴェルサイユ宮殿02.gif


室内の非現実的な豪華さには、ただただ圧倒されるばかりで、言葉を失うばかりだ。



ヴェルサイユ宮殿03.gif
礼拝堂の二階部分のアーチ天井。
聖書の物語をモチーフにデザインされた彫刻の壁と天井には豪華・華麗な色彩天井画。
正面のパイプオルガンでパッヘルベルのカノンでもリクエストしてみたいものだ。




ヴェルサイユ宮殿04.gif
曲線を描くフランス式庭園の代表的な作品。
池や噴水、遊歩道が作られているが、あまりにも広大だ。

 





ヴェルサイユ宮殿05.gif
庭園内にある離宮の一つであるグラン・トリアノンの吹き抜けの回廊。


ヴェルサイユ宮殿06.gif
ピンク色の大理石でできた柱がとても素敵だ!



彫刻と噴水で飾られている。

600の噴水を潤すには、一日6000tの水が必要だそうだ!

ヴェルサイユ宮殿07.gif

「太陽神アポロンの噴水」は、アポロンが天馬に引かれて海中から姿をあらわし、天に駆け上ろうとしているものを模った噴水。
今にも走り出しそうな力強さだ!
昇り龍と同じパワーを感じる!




ヴェルサイユ宮殿08.gif
マリー・アントワネットが造らせた小集落トリアノン。
宮廷生活よりこちらの方を好んでいたのではないだろうか?
非現実な世界を観た後だからという訳でもないが、とても落ち着く。

ヴェルサイユ宮殿09.gif
プチ・トリアノン近くの小川の中に造られた愛の殿堂。

アントワネットがここで恋人と落ち合ったという説があるそうだ。

ここが、自然回帰のパワースポットではないでしょうか?!




山内順仁




france.gifFrance
Date of Inscription: 1979
Minor modification inscribed year: 2007
Criteria: (i)(ii)(vi)
Property : 1070.0000 ha
Buffer zone: 9467.0000 ha
Department of Yvelines, Ile-de-France
N48 48 18 E2 7 10
Ref: 83bis


より大きな地図で Yorihito Yamauchi Atlas を表示










2010.06.22|17:58|World Heritage

▲このページのトップへ