写真家・山内順仁のトップ

World Heritage

中国 北京と瀋陽の明・清王朝皇宮(紫禁城・九龍壁)Ⅱ Imperial Palaces of the Ming and Qing Dynasties in Beijing and Shenyang(Forbidden City)Ⅱ,CHINA



中華人民共和国北京市に所在する明清朝の旧王宮。故宮とも呼ばれる。
「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮」の一つとして1987年にユネスコ世界文化遺産に指定されている。



お互いに対立しながら、依存し合うという陰陽説
方位は、上は陽、下は陰、前は陽、後は陰
数字は、偶数は陰、奇は陽
正数は陽で、負数は陰である。
この世界は、陰と陽から成り立っている。


紫禁城Ⅱ-1.gif


「九龍壁」
中国三大九龍壁の一つ。
北京故宮博物館内、東側、珍宝館に入って直ぐの場所にあり、壁一面に龍が描かれている。
龍は蛇の体、魚の鱗、鯉のひげ、鹿の角、馬のたてがみを併せ持つ。


この龍壁には9匹の巨大な龍が五彩(黄・縁・朱・紫・藍)五色の瑠璃片で9つの龍が描かれている。
「九」は最大の陽数、「五」は中央の陽数であることから、「九」「五」は皇帝の尊さを代表する数字とされている。
実は、九龍壁の壁面は270個の瑠璃片でできていて、この数字も「九」と「五」の倍数なのである。



紫禁城Ⅱ-2.gif


壁一面に埋め込まれた龍は、今にも壁から飛び出してきそうなほど、ひとつひとつが躍動感に溢れている。


ここに描かれている龍には、皇帝の象徴として、龍の手に5本の指がある。
最上位の龍である証だ。


素晴らしい龍と出会えた事に感謝。


山内順仁


china.gifChina
N41 47 39 E123 26 49
Date of Inscription: 1987
Extension: 2004
Criteria: (i)(ii)(iii)(iv)
Property : 13 ha
Buffer zone: 153 ha
Ref: 439bis

 
より大きな地図で Yorihito Yamauchi Atlas を表示



2011.03.03|21:22|World Heritage

▲このページのトップへ