写真家・山内順仁のトップ

World Heritage

日本 古都奈良の文化財 (薬師寺 東塔)Historic Monuments of Ancient Nara(Yakushiji Temple),JAPAN

薬師寺01.jpg
◆徹奘◆

奈良の寺は生きる人々のための「学問寺」としての役割を担ってきた。
この国宝東塔も1280年人々の思いと迷いを受け止めてきた。
東塔を支える柱は時代とともに新しいものに換えられてきたが、1本だけ当時の木が今も東塔を支えている。
この木は表面がねじれて黒く輝いている。
ねじれることで他の木より密度を増し、強さを携えている。
ねじれるような思いや体験が人々を強くするのと同様に。
この木はまた、ここで修行し、人々を導く僧侶たちとも向き合い多くの思いを受け止めてきた。
その1人が大谷徹奘(おおたにてつじょう)執事である。
大谷氏との出会いはまさに「縁」であり、この出会いに「必然」を見出し、また数々の「感謝」をもたらした。
そんな作品となった。

大谷徹奘さんのホームページ
http://www.tetsujo.net/

山内順仁



jpn.gifJapan
Date of Inscription: 1998
Criteria: (ii)(iii)(iv)(vi)
Nara Prefecture
N34 40 32 E135 50 22
Ref: 870

 


より大きな地図で Yorihito Yamauchi Atlas を表示






2010.01.01|00:08|World Heritage

▲このページのトップへ