Travel Newsのトップ

Travel News

Yoshi Muroya wins first Red Bull Air Race World Championship

Sunday, October 15, 2017 

Red Bull Air Race World Championship, 2017, Stop 8 - Indianapolis, Indiana, United States

2017年10月15日、歴史は動いた。

世界最高の操縦技術を目指し続けてきた日本人パイロットの夢がかなった日!

 

P-20171016-00034_news.jpg

 

アメリカ、インディアナポィスのサーキット「モーター・スピードウェイ」で、Red Bull Air Race World Championship 2017シーズン最終戦となる第8戦の決勝日である10月15日、室屋義秀選手(日本)は、2017年シーズン4度目の優勝を果たし、アジア人初の年間総合チャンピョンを勝ち取った。航空史に残るとてつもない快挙だ。


世界最高の飛行技術を持つレースパイロットたちが、最高時速 370km、最大重力加速度 10G の中、操縦技術の正確さ、知力、体力、そして精神力の限りを尽くしてタイムを競う FAI(国際航空連盟)が公認する究極の三次元モータースポーツRed Bull Air Race World Championshipに参加するアジア人唯一のマスタークラスパイロットである室屋義秀選手。年間総合ランキング総合首位の座をかけて戦ったマルティン・ソンカ選手(チェコ)を下しての最終戦、見事に機体を操縦して勝利を得た。精神的にも体力的にも凄まじい状況下で、レースを制し、年間総合チャンピョンとなったのだ。
 
 
P-20171016-00114_news.jpg
 

P-20171015-01618_news.jpg
 
 

P-20171015-01403_news.jpg
 


室屋義秀選手の快挙に心から拍手を贈りたい。
おめでとうございます!
Congratulations, Yoshihide Muroya! 
 
Photo: Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool Text: T. Chris Kusuda/Shogakukan Inc.


 

2017.10.16|18:00|Travel News
前の記事へ | 次の記事へ

▲このページのトップへ