青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第十六章 旅するマリア 『陸路グアムに!?行ってきたよ』 前編

2015年早春の週末、ホンダから発売されたN BOXスラッシュという、かなりイケてる最新の軽自動車に乗ってドライブに出かけました。ホンダ純正ドッググッズもいっぱいです。


N BOXスラッシュはおなじみN BOXのルーフを10cmカットしてアメリカンフレーバーをふりかけたチョップトップモデル。内装にハワイ、カリフォルニア、テネシーをテーマにしたインテリアカラーパッケージなるものが用意されているのが大きな魅力。


その中でハワイやグアム、西海岸が大好きなパパのお気に入りは『ハワイグライド』仕様。ハワイの海と空をイメージさせるベージュとブルーのコーディネイトが爽やかで、ホイールもオールディーなカラードディッシュタイプ。まさにアメリカンオールディーズな雰囲気たっぷり。


P1060086.JPGN BOXスラッシュ  ハワイグライド仕様


P1060056.JPG

ハワイグライド仕様の内装。カットモデルですが。



今回はララもいっしょ。ララとドライブ旅行するのは、昨年のクリスマス以来、2回目ワン。だから楽しみ~。


ところで、今回の目的地をパパに聞いたら、なんでもグアムなんとか、っていうところらしい。散歩で会う犬友達に話したら、「飛行機、乗るんだ。いいな~南の島に行けて」なんてワンワン言われたけど、「わが家はクルマで行くみたい」って答えたら、ヘンな顔された。


家からアロハシャツを着て浮かれまくってるパパの運転でいざ出発。それにしてもN BOXスラッシュは軽自動車にして、下手なコンパクトカーよりずっと静かで乗り心地がいい。グアムなんとかに行くのに東名高速道路を走るんだ~とか思っているうちに気持ちよくて、思わずララといっしょにグーグー寝ちゃったほど。見ていた夢は空港でパスポートを忘れ、マリアたちだけ出発できなくて2頭で大暴れしている場面・・・・。あれっ、そもそもマリアたちは海外に出かけるためのパスポート、持ってたっけ? いや、犬はいらないかもしれない。


それはともかく、格安航空券だから、遠い西のほうの空港から出発するのかも、なんてララと話しているうちに海老名SAに到着。箱根や伊豆方面にドライブするとき、いつも立ち寄る休憩スポット。入ってすぐ左側に犬の散歩道があるんだ。ララは初めてだから、マリアが案内してあげたよ。



海老名SAレスポンス.JPG

頭上には厚木基地から飛び立った飛行機が。あれに乗るのか?



海老名SAレスポンスN BOXスラッシュ.JPG



家を出て約2時間。車内の会話を聞いていると、もうグアムなんとかに着いたみたい。散歩で会う犬友達によると「日本から約3時間半、ハワイよりずっと近いよ・・・」って聞いたけど、もっと早く着いちゃったことになるワン。


へーっ、ここがグアムなんとかなんだ(知らないのは恐ろしい)、南の島というより、箱根の温泉旅館風ワンね(それは知っている)。



グアムドッグ+N BOXスラッシュ.JPG

陸路、グアムに到着?




マリア着いた?グアム.JPG

寝ているうちに南の島すか。



マリアアロハ.JPGアロハ~。荷室部分にはホンダ純正ペットシートマットとペットフロアクッションを敷いたから快適ワン。


ララ車内キャリー.JPG

ホンダ純正ペットシートプラスわんに乗ったララはもうアロハシャツを着てます。早く出せ。海だ、ビーチだ。



N BOXスラッシュマリアララ青山グアムドッグ.JPG

ここはグアムの田舎か?オーシャンブルーの海は見えないぞワンワン。



グアムの白亜のリゾートホテルというより、しっぽりした旅館風の建物の前にN BOXスラッシュを停めると、グアムなんとかのスタッフがアロハシャツ姿でお出迎え。なるほど南の島に来た感じがしてきた。グアムには日系のホテルもあるし、日本人、日系人スタッフも多いって聞いてるから、やっぱりここはグアムなのかっ。



スグアムドッグスタッフ撮影.JPG


も、ドライブ旅行のはずが、ここで何故かカメラマンがアロハシャツ着たスタッフをパチパチ撮影。仲良しの女性編集者もいたりして。「もしかして~もしかして~、これって仕事なんじゃないの~♫ 」と、思わずワンワン歌ってしまいます。


グアムドッグエントランス.JPG

微妙に日本様式を取り入れたグアム?



建物の中に入ると、ここは「グアムドッグ」という、犬連れ専門の宿でした。グアムなんとかのなんとかは、ドッグだったんだぁ。それにしても南海の楽園風と和のカンジが絶妙にミックス。でも、箱根の温泉みたいな硫黄の臭いするし。みんな日本語でしゃべってる。


いや、間違いなくここは箱根でした。だって「グアムドッグ」の看板の横に「箱根・強羅」って書いてあるもん。



フロントグアムドッグ.JPG

グアムドッグのフロント。日本語、通じます。



まぁ、グアムでもグアムドッグでも、旅行は大歓迎。パパたちと1日中、ずーっといっしょにいられて楽しいし、美味しいものもいっぱい食べられるんだから。しかもここが2014年の第6回『STAY WITH DOG』大賞 最優秀賞受賞宿と聞けば、期待は高まるばかりワン。


さてさて、チェックインを済ませると、ホテルのスタッフから、1階屋内ドッグランの片隅に設けられたフォトスタジオに案内されました。なんでもここのしきたりらしい。で、ララといっしょに奇跡的にばっちりカメラ目線の写真を撮ってもらいました。背景のお花が南海風と桜で和洋折衷です。



スタジオ.JPG

フォトスタジオ。ここに屋内ドッグランもあります。



スタジオ撮影中.JPG

横からパパが撮ったショット。実際には見事にカメラ目線です。



室内ドッグラン.JPG広々した屋内ドッグラン。雨の日でもここで遊べます。



そしていよいよ2階部分にある客室へ。オーシャンビューのトロピカルな洋室かと思ったら、なんと10畳の和室+広縁のお部屋。そうです、ここは南海のグアムじゃなく、箱根・強羅の「グアムドッグ」ですから。


でも、清潔で広々していて、大人2~4人、犬2頭でもゆったりできるスペース。温水シャワー付きトイレや洗面所、ミニ冷蔵庫、空気清浄機、ドッグアメニティもあるから快適そのもの。広い窓からはグアムの海じゃなく、箱根のローブウェイを一望。ララは生まれて初めての和室、畳に大興奮。運動会みたいに走り回ってます。


マリアの旅行は、いつもマイベッドを持参。フローリングのお部屋でも快適だし、自分の臭いがついているから、どこでも安心して寝られるんだ。だから、犬の荷物多すぎ!ってパパに怒られるんだけどね。



部屋206.JPG

206号室。10畳のスペースと広縁、洗面台、トイレがあるよ。入り口の照明はオートだよ。


206マリア.JPG

さっそくマイベッドで休憩。


206ララ.JPG

寒がりのララは大きなマイベッドと毛布を持参。だから大荷物になる。



洗面台.JPG

洗面所は明るい窓際に。



バスアメ.JPG

人間用バスアメニティ。


ペットアメニティグアムドッグ.JPG

こちらは犬用アメニティ。犬用バスローブも用意してくれました。



と、こうなったらグアムなんとか改め、箱根・強羅の「グアムドッグ」を満喫するしかない。箱根と言えば温泉。ここ「グアムドッグ」は人間用の温泉外風呂が大小2カ所、そして2階から出れるドッグランには人間用と犬用の温泉足湯があるから「いい湯だな~」。



しかも、外風呂は午前0時まで40分単位の貸し切りで、飼い主全員が一度に入る場合でも、犬は脱衣場まで入れて近くで待っていられるから安心、寂しくない。こんな配慮もまた、犬連れ同伴専門宿の「グアムドッグ」ならではワン。バスマットは1回使い切りで清潔。湯上がりに一杯やれるウォーターサーバーまであるんだよ。



風呂グアムドッグ.JPG



風呂ボード.JPG

温泉はこのボードで予約。早くも206号室のパパが一番風呂に入ってます。



フリードリンク.JPG

水素水サーバーといろいろな種類のドリンクサーバー。



そんな「グアムドッグ」は犬にも飼い主にも優しい、『ワンちゃん最優先宣言』の宿。人間用の飲み物サーバーのほか、犬も飲める水素水サーバーも無料。水素水サーバーは2階にもあります。


そして1階から2階に上がる階段の壁にはこんな肖像画が。そう、ここにはスタッフ犬が9頭もいるんです。リーダーは支配人の、その名もズバリのコーギーグアム君。以下、コーギー、ラブラドール、ミニチュアダックス、シェパードのスタッフが勢ぞろい。頼めば会わせてくれるんだよ。



階段犬の写真.JPG



お部屋で休憩したあとは、さっそく2カ所ある屋外ドッグランへ。こちらは箱根のロープーウェイが見渡せる大きい方。なんと温水の足洗い場のほか、人間用と犬用の足湯もあります。毛艶がよくなるんだって。ララの毛質はブロークンでゴワゴワしてるから、入ったほうがいいよ~。マリアとしては、足湯に興味はあるんだけど、今一歩、入るのが怖い・・・・。その前で様子見です。



グアムドッグドッグラン.JPG グアムドッグ足湯.JPG

入ろうかな~。熱いかな~。溺れないかな~(そんなことはありません)。



午後6時。いよいよ夕食の時間です。アロハシャツと南の島に似合う白いメガネでキメたハパといっしょにグアム風のレストランへ。もちろん、犬もいっしょだよ。


最初に並んでいたのは前菜とお刺身盛り合わせ。まるでハワイやグアムの高級和食レストランにいるようだ・・・・とパパは言ってます。しかーし、レストランでは思いがけないサプライズが待っていたのでした。 (後編に続


夕食レストラン.JPG


そうそう、今回の「グアムドッグの旅の詳細は、レスポンスに掲載されてます。やっぱ、お仕事だったんだ~。

http://response.jp/article/2015/02/27/245321.html



2015.03.05|09:00|青山尚暉

▲このページのトップへ