青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

特別編『初めてのキャンプに行ってきたよ(お仕事ですが)』

 

富士宮市は朝霧高原にある、ふもとっぱらキャンプ場で行われた三菱自動車主催の「スターキャンプ」の取材にマリアが参上。マリアにとって初めてのキャンプ体験をリポートします。

 

実際にテントを張って、三菱アウトランダーPHEVから100V/1500Wの電源を引いて電気キャンプを楽しもうとしたわけだけど、翌日の日曜日はあいにくの土砂降り、気温20度Cという散々な1日。でも、お仕事だからがんばりました。ほとんど待ち時間だったけどね。

 

まずは、すでに予習風景をお見せした、ハイライトのパエリアづくり。予習のかいあって、見事に成功。美味しそうだ。タマネギ入りだから、マリアの口には入らないけど.......。アウトドアにして、テーブルセッティングもお見事。アウトランダーPHEVから供給された電源を使った IH調理器で料理してるのはマリアと仲良しの料理研究家のトッチーさん。

 パエリア制作中.JPG

 

 

スイカをそのまま使ったデラックスなデザートは編集部M君の力作。中にはカットしたスイカのほか、バナナ、ミックスフルーツ、ナタデココ、ソーダ水が入ってます。 サラダやスープもあります。

 料理完成.JPG

 

 

ちなみにこのキャンプ場は毛無山の近く。したがって、キャンプ場内にある山荘の名前は毛無山荘。『警部補矢部謙三』(生瀬勝久)のロケでぜひ訪れてほしいワン。

 

毛無山山荘.JPG

 

  

今回のキャンプではアウトランダーPHEVから100V電源が1500Wまで供給できるので、暑さ対策にテントの中を冷やすどこでもクーラーなど電化製品をいっぱい用意したんだけど、どこでもクーラーは寒くてお役御免。マリアはクルマの中で待機ばっかり。とほほです。高原を思いっきり走りたかったのにぃ。

 

で、本当は夕方までキャンプを楽しむはずが、土砂降りだわ、寒いはで午後3時にキャンプ場を撤収。リポートも中断。って、クルマの中にいたからリポートなんてほとんどできずじまい。

 

今日は8月最後の日曜日ということで帰りの高速は大渋滞のはず。そこで抜け目なしのパパは近くのコテージを後泊予約。場所は「休暇村 富士」。近くで犬が泊まれる宿はここだけだったんだって。回りの環境はかなりいいカンジ。時間は午後4時。朝霧高原じゃなく、夕霧高原ですね。お散歩環境も抜群です。

 

コテージ.JPG

 

 

ここがリビングルーム。6人定員だけあってけっこう広い。ロフトに4人泊まれるスペースがあるだけに天井高し。建物、けっこう古いけどね。

 

リビング.JPG

 

1階のベッドルームはこんなカンジ。ベッドなのに、掛け布団は和布団。笑えます。ちなみに犬料金は取られません。

 

ベッドルーム.JPG

 

 

そしてこの日も一瞬だけ、富士山がマリアにその雄姿を見せてくれました。前回の河口湖湖畔から観た富士山より大きいな~。

 

富士山.JPG

 コテージのテラスから見えた富士山。

  

と、お仕事中はとってもいい子だったと褒められたマリアですが、コテージの朝夕食は犬出禁のレストラン。だから人間が食事中はコテージで静かにお留守番。そんなとき、ふと生まれ故郷の鹿児島山中の野生の性が目覚めたりします。バッグに入っているマリアの撮影用おやつのジャーキーの袋だけを、バレないように口と前足でさくっと取り出し、袋を破ってペロリ。まぁ、あとでバレで怒られるのは承知ですが.......やっぱり怒られた。そこで反省してるてい。 すいましぇん。悪いのは、そこにあったジャーキーのほうです。目の前にあるから悪い。

 

いたずら1.JPGいたずら2.JPG

これがその残骸です..............。

 

 

2013.08.26|15:19|青山尚暉

▲このページのトップへ