青山尚暉のトップ

Photo Gallery

ぶつからないクルマ?体感しました (パパが)

eyesight ver2.jpg

 

スバルの『ぶつからないクルマ?』、ステレオカメラによる 「Eye Sight ver.2 」を 体感してきました。

 

事故回避、被害低減を行ってくれる最先端のプリクラッシュセーフティ技術で、ヒューマンエラーの回避支援、運転負担軽減支援が主な目的なんだって。

 

全速度域追従機能付きクルーズコントロールは、渋滞のノロノロ運転時には、アクセル&ブレーキ操作なしで前のクルマに、ドライバーが設定した適度な距離を保ったまま、ずーっと自動追従。前のクルマが完全停止したときは、こちらも停まり、そのときだけ、スイッチまたはアクセル操作だけで再発進してびふたたび前車に追従してくれる、ほとんど自動運転。ペダル操作による足の疲れが低減され、追突も防げて、とても楽で安全ワン。

 

走行中、うっかり前車や壁にぶつかりそうになっても(1m以上の高さの人なども認識)、前車との速度差が30km/h以下ならプリクラッシュブレーキが自動で働いて、警告音とともにクルマが "勝手"に 強力にブレーキング!! 実際に体感したけど(パパが)、見た目はぶつかっている感覚なのに、もちろん、ぶつかってないの・・・凄い。上の写真は、マリアが目撃した、その証拠。ギリギリ停まっているのが分かるはず。パパはアクセルもブレーキも踏んでません!!

 

さらに、最近、よく聞く、駐車場で急発進して、クルマ止めを乗り越えて起こる事故の回避機能もあるんだって。前方に壁などがある場合、ステレオカメラがそれを感知。アクセルをベタ踏みしてもエンジン出力を約10%に抑えるから安心。感覚的にはアクセルはほとんど無反応、加速、飛び出ししないって感じ。

 

 そんな高度な安全技術が、今では10万5000円で買えるんだって。もちろんスバルの装備可能モデル限定だけど、世界でトップの衝突安全性能評価とともに、スバル車の魅力を大きく高めてくれるワンね。そうそう、ワンコが乗ったクルマにも最高。後席やラゲッジのワンコが気になって、ふと注意散漫になったとしても、「Eye Sight ver.2 」が助けてくれることもあるからワン(くれぐれも、安全運転が基本よ)。

 

 実際、先日もパパとマリアがアウトバック「Eye Sight ver.2 」に試乗中、「Eye Sight ver.2 」のおかげで・・・あーっ、それ以上言っちゃだめだって。とにかく何事もなかったワン。 詳しくはスバルのHP、Eye Sight スペシャルコンテンツを見てね~。今では新車購入の多くのユーザーがこの「Eye Sight ver.2 」を装着しているそうよ。マリアもお友達にお薦めしなくっちゃ・・・。

2010.07.16|11:20|Photo Gallery

▲このページのトップへ