青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第十六章 旅するマリア『レジーナリゾート伊豆無鄰』中編

正門マリア.JPG緊張します。ワン


オデッセイHVで訪れた初春の伊豆高原。今回の目的地は、レジーナリゾートが3月7日に伊豆高原に開業した「レジーナリゾート伊豆無鄰」。以前、「無鄰」として営業していた隠れ家的な超高級純和風旅館の運営をリジーナリゾートが犬連れ専門宿として引き継いだというわけです。コンセプトは愛犬とともに上質ないやしの時間を過ごせる「眺め絶景の湯宿」。


到着敏子マリアララ160301.JPG
愛犬と過ごす非日常の入り口がここに


レジーナ伊豆回廊.JPG

宿泊したのは全8室のうち2室しかない、絶景の眺めが自慢の2階の特別室「千尋」。チェックインをお部屋でお茶と和菓子をいただきながら済ませ、パパは月見台と呼ばれるL字に配された2面のテラスのチェアに腰掛け、マリアはお座りしてしばし、海原を船が走る相模湾を眺め、リゾート気分を満喫しました。

 
レジーナリゾート伊豆無鄰月見台コーナー.JPG月見台と呼ばれるウッドデッキは2面。正面が相模湾



レジーナ伊豆月見台マリア尚暉.JPG海を見ていた午後・・・・


ちなみにお部屋の中のリビングには空気加湿清浄機、大型液晶TV、ブルーレイプレーヤー、ペットアメニティ、ケージが。お隣の食事処にはダイニングテーブル、籐のチェア&テーブル、冷蔵庫、お茶セット、電子レンジ、T-falの湯沸かしポット、犬用の食器×2(1頭分)、レジーナリゾート特製のウェルカムおやつなどが。寝室には金庫、浴衣、丹前、和風パジャマがあり、いたせりつくせり(そのほか館内用の下駄、バスローブなども用意されています)。

 

月見台を含めると95平方メートルもあるお部屋をララと探検していると、あれっ、パパがいない。と思ったら、さっそく食事処の冷蔵庫に入っていたビールを片手に、月見台にある絶景かけ流し露天風呂に。「この気持ち良さ、眺め、穏やかな風、最高だね。この露天風呂に入るだけで1回1万円の価値はある。ハワイ、ワイキキのモアナサーフライダーのタワーオーシャンスイートからの眺めに匹敵するね。相模湾の表情が違う昼、夜、朝の3回は入るぞ。」とか宣言しています。その3回で3万円?


レジーナ伊豆路露天風呂尚暉ビール.JPG「くーっ、絶景絶景」と唸ってます



露天マリア尚暉.JPG付き合いきれません・・・・


そんなパパにいつまで付き合っていてもしょうがないので、マリアとララはドッグランへ。そこは「レジーナリゾート伊豆無鄰」の建物の真下にある、木々に囲まれた約220平方メートルもの犬の足に優しい溶岩砂利敷きの木漏れ日降る場所。マリアは数多くの宿のドッグランを経験しているけれど、なんだかとっても居心地がいい。宿の人に聞いたら、夏でも木々が日差しを遮り、涼しいんだって。

 
レジーナ伊豆ドッグラン.JPG220平方メートルの広さのドッグラン

  


ドッグランで思いっきり遊んだあとは(夕食のためにお腹を空かしておかなくっちゃ)、庇門をくぐり、離れのお部屋のチェックがてら、突き当たりの離れ「つわぶき」まで緑に囲まれた園路をトコトコお散歩。和の趣で記念写真を撮るのに最高の場所を発見しちゃいました。

   
レジーナ伊豆園路敏子.JPG
レジーナ伊豆円路1.JPGここが離れに続く園路

そうこうしているうちに陽も暮れ始め、いよいよ最高のお楽しみ、夕食です。伊豆の新鮮な海の幸を贅沢につかった伊豆懐石料理。どんなものがお部屋の中の食事処に並ぶのか、マリアもララもドキドキです。


レジーナ伊豆夕食尚暉ビール.JPGパパはビール、マリアはお水・・・・



今夜の献立は凝った見た目にも美しい先付け、サザエやほうぼう、かんぱち、石鯛などのお造り、お碗、焼き八寸、穴子桜蒸しの温物、和牛と炙り野菜の陶板焼き、お食事、留椀、香の物、季節のフルーツの水菓子、薄茶、千菓子と続き、繊細な盛りつけ、器の美しさ、味わいにパパも大感動。ただし、これは開業前の「無鄰」時代から引き継がれた献立で(板前さんや女将さん、仲居さんの一部は無鄰のまま)、正式な開業後はもっとレジーナリゾートらしい豪快なお料理が並ぶんだとか。うーん、これは開業後、また連れてきてもらう口実に!?なるワンね。




レジーナ伊豆仲居さん刺身_01.JPG
レジーナ伊豆刺身_01.JPG

レジーナ伊豆夕食肉.JPGこれは開業前の夕食。3月7日の開業からはさらに豪華にボリウムアップされるもよう



もちろん、マリアたちの夕食として3種類ある中からヘルシーな「静岡県産安倍鶏胸肉野菜雑炊」をオーダー。ここは譲れません、絶対に!!高級な器でしっかり美味しくいただきました。


わんこ夕食.JPG
お刺身マリア.JPGお造りを狙っているマリアとララ。ちょっぴりいただきました

パパが今日、2回目の夕食後の露天風呂に大満足しているうちにしっぽりと伊豆高原の夜は更け、マリアたちは例によって持参したマイベッドで就寝の時間です。パパは備え付けの浴衣、丹前姿から、和風パジャマに着替え、リビングで贅沢すぎる上質な時間を「レジーナリゾート伊豆無鄰」滞在を満喫しました(マリアたちも!)。


露天ビール.jpgかけ流しだからいつでも入れます

 
レジーナ伊豆ゆかた.JPG
浴衣はMサイズでも大きめ




そして以前のIDC大塚家具で最上級のグレードだったという、マットレス面が海外のホテル並みに高いセミダブルベッドの絶妙な寝心地の良さにこれまた大感動。「かつてトラベルスペシャリストとして世界中のホテルをプライベート、取材で経験してきたパパによると、宿のグレードはベッドの寝心地とリネン類でも決まる」んだとか。ちなみにマリアが持ち込んだマイベッドは、去年の誕生日にパパからもらった特注のシーリー製です(ベッド自慢してどうする)。

 

ベッドルームマリアララレジーナリゾート伊豆無鄰.JPGベッドの寝心地最高らしい

レジーナ伊豆洗面.JPG明るい洗面所

(後編に続く)



レジーナリゾート伊豆無鄰
http://murin.regina-resorts.com/

静岡県伊東市八幡野1086-88
0557-54-6111
通常宿泊料金 2名1室1泊2食付き 本館48600円~ 離れ32400円~/1名
小中型犬は2頭まで無料。(3頭目以降は1頭あたり2160円)大型犬は1頭2160円。

 


▲このページのトップへ