青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第十六章 旅するマリア『レジーナリゾート伊豆無鄰』前編

レジーナリゾート伊豆無鄰オデッセイHV.JPGレジーナリゾート伊豆無鄰の正門前に佇むオデッセイHV 

オデッセイはマリアにとってとてもなじみのあるドッグフレンドリーカー。何しろマリアが鹿児島から東京にやってきたときにパパが乗っていたマリアの始めての愛車なんだ。そのオデッセイに待望のハイブリッド車が加わったのを聞いて、マリアはさっそくクルマ旅をおねだり。



オデッセイHVと言えば、国産ミニバンを代表する1台。和の心を持った日本人による日本人(日本の犬?)のための多人数乗用車でもあったりして。だってTVCMの背景に竹林があったりするでしょ。

伊豆オデッセイHVマリアメイン.JPG伊豆の山頂にてオデッセイHVをバックに。風が気持ちいいワン

 


そこで目的地は、これからの季節に最高の、ドッグフレンドリーなリゾートでもある伊豆高原。しかも宿は3月7日に開業する、マリアが大好きな、犬と泊まれる宿として日本最高峰のひとつに位置づけられるレジーナリゾート系列最新の純和風旅館高級旅館、「レジーナリゾート伊豆無鄰」に決定。開業前にひと足早く、滞在させてもらうことになりました。


レジーナ伊豆正門敏子マリアララ.JPGレジーナリゾート無鄰の正門前にてパチリ

「無鄰」と言えば、各界の著名人に愛されてきた、伊豆高原の名旅館中の名旅館。日本庭園に囲まれた、こだわりぬいた本格的な純和風数寄屋造りの建築、内装も有名だったんだって。その運営を3月からレジーナリゾート引き継ぎ、何と犬と泊まれる専門宿としてリニューアルオープン。コンセプトは愛犬とともに上質ないやしの時間を過ごせる「眺め絶景の湯宿」。もう、宿のホームページを眺めるだけで、ワクワク、ドキドキです。



レジーナ伊豆露天1.JPG月見台と呼ばれるウッドデッキは12平方メートルの広さ。相模湾を一望できます



「レジーナリゾート伊豆無鄰」の客室は全室オーシャンビュー。2階の特別室2室、離れ6室だけの全8室。広々とした月見台と呼ばれるテラスには熱川から引いてきた温泉のかけ流し絶景露天風呂があり、天城深層水を使う内湯も完備。お部屋の広さ60~83平方メートルのゆとりで、リビングと寝室は別。寝室はベッドが2台置かれた洋間寝室タイプと畳みベッドタイプのお部屋があります。



さらに2階の特別室内には相模湾一望の食事処があり、高級旅館らしい部屋食。正門奥の庇門をくぐり風情ある園路をたどった先にある離れのお部屋に泊まった場合は、1階のこれまた相模湾一望の個室食事処「料亭 悠々」でのお食事です。ちなみに木々に囲まれた、夏でも涼しげなはずのドッグランは敷地内にあるものの、一度正門を出て左方向に坂を下った先にあります。


レジーナ伊豆料亭.JPG料亭「悠々」の一室


 レジーナ伊豆箱庭1.JPG



さて、家でパパから高級旅館での犬の作法!?をレクチャーされて、いよいよ出発です。東京から伊豆高原へ向かう場合、アクセスは大きくわけてふたつ。東名・厚木ICで小田原厚木道路に入り、終点の小田原西ICから、国道135号線で海沿いを行くルートと、箱根ターンパイク、伊豆スカイラインの山道を抜けるルートがあります。GWや夏休みシーズンだと、マリアの経験では小田原から伊豆高原までずーっと1車線が続く国道135号線の渋滞を避け、伊豆スカイライン経由が無難だけど、クネクネ道の連続で、車内でどこかにつかまれない犬やクルマ酔いする犬には不向き。今の季節なら国道135号線で左手に海を見ながらのドライブが犬にとってはより快適ワン。



途中には犬のお散歩に最高の海沿いの道の駅もあって、人間のトイレ事情もこちらが上。伊豆スカイライン経由とくらべて約30分の違いなんだから、犬連れならマリアとしてはこちらをお薦めします。


海休憩道の駅.JPG
 途中、海辺の道の駅で一休み



それにしてもオデッセイHVの乗り心地は今回乗ったスポーティ仕様のアブソルートでも快適そのもの。なんでも自動車評論家のパパによれば、足回りはガソリン車と変わらないものの、1列目席下に約40kgのリチウムイオンバッテリーがあるため、その重量でサスペンションとかいうバネみたいなものがゆったり動くので、乗り心地がよく感じられるんだって。たしかに。そしてモーター(電気)だけのEV走行をするシーンも多く、車内は市街地、高速走行中を問わずとっても静か。東京から約3時間のクルマ旅もあっと言う間だったワン。

 
ちなみにマリアとララの乗車場所はホンダ純正のペットシートマットを敷いてもらった2列目席。つまりミニバンの特等席。大開口スライドドア部分のフロアは地上約29cmと素晴らしく低く、広大なフロアからシートまでの高さも37cmと低めだから飛び乗るのも快適。ベンチシートはもちろん、より贅沢なかけ心地になる(人間が)キャプテンタイプのプレミアムクレードルシートでも横方向にスライドさせてピタリと2脚のシートをくっつければ、大型犬のマリアと小型犬のララが無理なく乗れるんだ。そんなシートアレンジ性もオデッセイHVの大きな魅力。後席用ロールブラインドや独立温度調整機能付きの後席用エアコンもあって、2/3列目席、ラゲッジ部分でも空調が行き届き、暑い季節でも快適に乗っていられます。



オデッセイHV後席ララ尚暉.JPGオデッセイHVの超快適広々な2列目席に乗って行ったよ



国道135号線で熱海、伊東を抜け、いよいよ伊豆高原。城ヶ崎入り口交差点を海側、左に折れ、別荘地内をぐんぐん進むとそこにレジーナリゾート伊豆無鄰がありました。別荘地内は迷路のようだけど、ナビに旧「無鄰」または引き継いだ電話番号をいれればOKとのこと。途中途中に案内看板もあり、マリアたちは迷わず着けました。


道案内レジーナリゾート伊豆無鄰.JPG 別荘地内にはあちこちに案内看板があったよ




オデッセイHVを「レジーナリゾート伊豆無鄰」の前につけると仲居さんたちか正門前でお出迎え(ここでは玄関ではなく、正門です)。さすが高級旅館です。クルマは専任の番頭さんに預けるバレーパーキング方式を採用。だから荷物を降ろしたあと、パパがクルマを停めに行く手間もなし。いっしょに中に入れるんだ。

 

レジーナ伊豆到着オデッセイHV.JPG到着すると仲居さんたちがお出迎え。クルマはここで預けます




仲居さんに案内され正門をくぐり風情ある石の小道を進むとこじんまりした趣あるロビーフロア。まずはわんこ用の美味しいお水を高級な器でサービスしてくれました。離れのお部屋に泊まる場合はロビーフロアの奥の椅子に腰掛けてチェックイン。


レジーナ伊豆わんこお水_01.JPG到着するとこんな美しいボトルに入った美味しいお水を特別な器でサービス




レジーナ伊豆離れチェックイン.JPG離れに泊まる場合はここでチェックイン

レジーナ伊豆お散歩セット_01.JPG 粋なお散歩セットも貸し出してくれます


ここで注目したいのは、女将さんを始め、仲居さんの半数が、元の名旅館「無鄰」からのスタッフであること。この旅館を知り尽くし、一流の接客に慣れたた人たちも揃っているんだ。マリアが詳しく聞いたところ、仲居さんの中でも犬好きの人たちが残ったんだって。もちろん、犬の対応に慣れた、レジーナリゾートからやってきたスタッフもいるんだよ。



 
今回、マリアたちが泊まる2階の特別室『千尋』の場合はそのまま階段を上ります。引き戸を引いてお部屋に入るとそこは目の前に坪庭がある広々とした玄関フロア。左手に寝室、トイレ、右手に進むと左手にリビング、露天風呂のある月見台(テラス)、内湯、右手に食事処がありました。その広さ、清潔感、高級感ある和の趣ある内装、明るさにマリアもララもほとんど目が点です。



レジーナ伊豆露天イメージ.JPGウッドデッキにある露天風呂は熱川から引いた温泉。かけ流しです
 

「無鄰」時代と違い、お部屋の中は畳の代わりにスウェーデン製の犬が滑りにくく防水性のある特殊な床材「BOLON」を使用(見た目は畳風)。フローリング部分は犬が滑りにくい専用コーテイング「愛犬の床」が施工されています。また、障子や襖、座布団は高強度で防水性のある素材を使用しているから安全・安心ワン。もちろん、客室内外のドッグアメニティも完璧。さすがレジーナリゾートならでは。


レジーナ伊豆リビング.JPG明るく清潔なリビングルームからは相模湾を一望



レジーナ伊豆ベッドルーム11.JPGベッドルームにも箱庭があります

レジーナ伊豆食事処.JPG

 ここが朝夕食をいただく食事処。窓からは相模湾を一望



その中にウェルカムおやつがあることなど、レジーナリゾート百戦錬磨のマリアは百も承知ですけどね・・・。

 
レジーナ伊豆おやつ.JPGウェルカムおやつ。マリアとララの2頭ぶん


そして明るいリビングルームでお茶と和菓子をいただきながらチェックイン。もうマリアとララはお姫様気分です。


レジーナ伊豆部屋チェックイン.JPGお茶と和菓子をいただきながらチェックイン手続き


とはいえ、マリアとしては「これだけ広いとドッグラン状態、犬の運動会ができるワン」なんて言っているララに「いたずらするんじゃないよ、なにかを破いたり、壊したりしたら高価なものだから大変だよ(パパが)」なんてわんわん注意していたら、仲居さんがこう言ってくれました。「安心してください。レジーナリゾートでは宿泊料金に保険料が含まれていますから」と。とはいえ、いい子でいるのが、こうした高級宿に泊まったときの犬のマナーというもの。ララ、仲居さんにそう言われたからといって、調子に乗るんじゃないよ。


客室マップ.JPG敷地内の案内


千尋.JPG 
ちなみにレジーナリゾート伊豆無鄰のホームページのどこかにちょこっとマリアがいるので、探してみてください。ヒントはドッグラン・・・・・。

(中編に続く)

レジーナリゾート伊豆無鄰
http://murin.regina-resorts.com/

静岡県伊東市八幡野1086-88
0557-54-6111
通常宿泊料金 2名1室1泊2食付き 本館48600円~ 離れ32400円~/1名
小中型犬は2頭まで無料。(3頭目以降は1頭あたり2160円)大型犬は1頭2160円。

 

▲このページのトップへ