青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第十六章 旅するマリア『愛犬と過ごすスーパーリゾート 小谷流の里 ドギーズアイランド』後編

54-1ドギーズアイランドメイン2.JPG

ドギーズアイランドのインフォメーションセンター(フロント)



プジョー508SWで訪れた、千葉、小谷流の里にある南仏のリゾートをほうふつさせるラグジュアリーなスパードッグリゾート「ドギーズアイランド」。



63.508SWメイン.JPG

プジョー508SW。美しいワゴンです



2016年12月にオープンしたばかりの「ベーカリーカフェ」で海外のリゾート気分でランチをとり、6面もあるドッグランで遊び、アウトドアショップやセレクトショップでショッピングを楽しみ、「ザ・フォレストテラス」での地産地消のディナーを堪能。滝の流れる水辺に建つウォーターフォールでの居心地にも大満足した滞在です。



朝はまず、小谷流の里の自然の中にあるフォレストウォークへ。


散歩道マリアララ尚暉.JPG

フォレストウォークは1周約20分のお散歩コース


芝生が美しいゴルフ場の間をぬう1周約20分の散歩道で(ロングコースもあり)、森林浴気分を満喫。もうすぐゴルフ場の12ホール近くにあるNO.12カフェやセグウェイ体験も完成するらしいから楽しみワン。



フォレストウォークの途中で.JPG



朝食は、昨晩、ディナーをいただいたレストラン、ザ・フォレストテラスで。室内席とガラス張りのテラス席、解放感ある池に面したテラス席があって、マリアたちは昨晩とは違う、朝の日差しが気持ち良く暖かいテラス席をチョイス。



44.レストランテラス席1216.JPGレストラン、ザ・フォレストテラスのテラス席


ここからなら、水辺越しに滞在しているホテル棟、ウォーターフォールも眺められ、リゾート気分が一段と盛り上がること請け合いです。


メニューは洋食と和食が選べて、マンゴージュースなどのリゾート感ある飲み物も充実。


46.和朝食1216.JPG和朝食混んでいる日はビュッフェに


45.洋朝食1216.JPG朝食。混んでいる日はビュッフェに



そしてなんとなんと、犬用のフードビュッフェコーナー(食べ放題!ヤギミルク飲み放題!気に入ればセレクトショップで買えるよ)もあるんだから嬉しすぎます!!フォレストウォークをトコトコ歩いて、おなかをすかしてきたかいがあるというものワン。



47.朝食ワンコバッフェ.JPGた、食べ放題ですか~


48.ワンコバフェフード.JPG

ここで試食できるフード、ヤギミルクはセレクトショップで購入できます


と、、、、、ララ、マリアのヤギミルク飲んじゃだめだって! がう


49-2だめだってば.JPG



朝食後は絶好のフォトシューティングスポットでもあるドッグプールやじゃぶじゃぶ池で写真を撮ったり、ドッグランでひとっ走りして過ごします。ドギーズアイランドは朝昼夕夜、楽しみ方は自在です。



51.じゃぶじゃぶ池1216-2.JPG

じゃぶじゃぶ池



ドギーズアイランドのチェックアウトは11時とゆっくり(チェックインは14時)。だからパパはウォーターフォールのお部屋に戻って、パーティションを開放したジャグジーで朝風呂を楽しむ余裕です。「夜と朝では気分がまるで違うぜ。これでシャンペンとストロベリー、美女がいればかんぺきだ」なんて言いながらブクブクした泡の中。自称美人ラブラドールレトリーバーのマリアが水着着用で入ってあげてもいいけど、残念ながらここは犬NGスペースわん。



朝のジャグジー1103.JPG

ウォーターフォールのテラスにあるジャグジー



そうこうしているうちにチェックアウトタイム。パパがインフォションセンターのレセプションカウンターで精算をしている間、マリアとララはカフェでまったりしたり、セレクトショップをのぞいたりして過ごします。



51-2.カフェ敏子マリアララ1216.JPG

フロント前にあるとってもオシャレなカフェスペース



でも、こんなに非日常的でラグジュアリーな、まるで南仏のバカンスを楽しんでいるかのようなリゾートライフを楽しみ尽くしても、マリアの場合はお家までクルマで1時間足らず。そんなアクセスの良さ、気軽に来られる距離感もまたドギーズアイランドの大きな魅力。東関東自動車道はいつもすいているから、年末年始やゴールデンウィークだってスイスイたどり着けるはずだしね。



508SWラゲッジマリアララ1.JPG

さぁ、プジョー508SWのラゲッジに乗って帰るよ~



そんなドギーズアイランド、2016年春のグランドオープンまではプレオープン期間限定特別宿泊プランで超お得。しかもここは犬にとっての理想郷。なので、早速、マリアがフロントでわんわん言って、クリスマスイブの予約、しちゃいました。はい。



で、話はいきなり翌週の12月24日、クリスマス・イブ~。


妹のララはもちろん、義理の妹のキャバリアのくるみ、そしてお友達のゴールデンレトリーバーのケイン君を誘ってドギーズアイランドで過ごすことに。宿泊は同じくお気に入りのホテル棟、ウォーターフォール。



DSCN1258★ウォーターフォール着尚暉.JPG

クリスマスイブを過ごすウォーターフォールの入り口だよパパは黒づくめだ。


到着すると、パパはさっそくテラスで白ワインを1杯。付き合いも楽じゃないけど、イブだから許す。



DSCN1286★テラスワイン.JPG



そうそう、お部屋には、もう仲良しになった、クルマも大好きな女性ホテルスタッフMさんからクリスマスツリーのプレゼントが!!


しかも手作りで、オーナメントにはマリアやララの写真が付いていたりして大感激ワン。



DSCN1305★.JPGパーティが始まるよ。奥にあるのがプレゼントされたツリー


DSCN1377★ツリー1.JPG DSCN1379★ツリー2.JPG

クリスマスツリーのオーナメントに注目!!



そしてお部屋でケイン君ファミリーとプチパーティ。毎年恒例ですね~。去年の様子、『マリアとララのクリスマス2014』はコチラ



さてさて、今夜のディナーはあえてクリスマスメニューではなく(パパが苦手な食材があったからね)、通常のフレンチフルコースをオーダーしたもよう。それでもイブの夜にふさわしい、豪華すぎるディナーです。



DSCN1325★.JPG

まずはシャンペン。モエ・シャンドンです。飲みたいな~



コースはシェフからのお・も・て・な・し のアミューズに始まり、サーモン、ホタテ、アボカドのサラダの前菜、千葉県産鶏のクリームスープ カプチーノ仕立 柚子風味のスープ、金目鯛のポアレ 香草クリームソース さつま芋添えの魚料理、牛サーロインのグリル キノコのパイ添えの肉料理と続き、最後にデザート、飲み物、小菓子です。 もうどれも絶品!! とのこと。



DSCN1327★アミューズ.JPGアミューズ


DSCN1332★前菜.JPGお皿も美しい前菜


DSCN1341★スープ.JPGスープ暖っかいんだからぁ~


DSCN1346★魚.JPG魚料理


DSCN1354★肉料理.JPG

肉料理は選択できます


と、肉料理までは、マリアもララも、こっそりパンをいただくだけでいい子にしています。



そしてデザートタイムにいよいよマリアがこっそり注文しておいた、ドッグクリスマスケーキの登場 ン!! 


DSCN1358★犬クリスマスケーキ.JPG


残念ながら、くるみちゃんは食事制限があるので、がまんしてもらって(寝ているから気にせずいただくワン)、マリアとララ、ケインくんで小皿にとりわけ(4:2:4の配分です)いただきました。


DSCN1371★.JPG DSCN1330★くるみ.JPG

くるみちゃん、おやすみ中・・・・


DSCN1362★デザート.JPG

こちらは人間用のデザートです



そんなわけで、なんて幸せなクリスマスなんだろう・・・そんな思いでドギーズアイランドのイブの夜を過ごしたマリアたちでした。ドッグフレンドリーなホテルスタッフのみなさん、本当にありがとう!! また来るね~。


DSCN1211★.JPG

ここは犬の楽園ワン!! (by くるみ、ララ、マリア)



vw.jpg出発ですが、どんなクルマに乗ってきたかは、大人の事情により、公開できません。2016年頭に発表、発売です!!


小谷流の里 ドギーズアイランド
千葉県八街市小谷流624
043-312-1110 
http://doggys-island.jp/

▲このページのトップへ