青山尚暉のトップ

Photo Gallery

日本カー・オブ・ザ・イヤー決定

今日は2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーの開票、表彰式。開票会場は日本未来科学館。表彰式はお台場のモーターフェス会場のはずが・・・台風の影響で、日本未来科学館に急遽、変更。


P1040984.JPG

@日本未来科学館。まずは10BESTカーの表彰です。司会はピストン西沢さん。



れはともかく、メルセデスベンツCクラスとマツダ・デミオが大接戦の末、19点差でマツダ・デミオが日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。パチパチパチ。


P1040987.JPG

2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーはマツダ・デミオに決定。日本車離れした、ディーゼルもあるプレミアムなコンパクトカー。


選考委員の持ち点は25点で、5台に投票するんですが、1台だけ10点を入れるのがルール。その10点、パパはメルセデスベンツCクラスに入れたもよう。 で、パパの配点はこんなカンジ。巨大スクリーンに一人ずつ、こうして発表されます。「あいうえお」順なので、パパは1番目です。あまりありがたみなし。最後の方だと、配点に手に汗握り、勝負の行方に一喜一憂。大騒ぎになります。



P1040969.JPG


でも、日本車が1番になった場合、輸入車で最高得点を獲得したクルマがインポートカー・オブ・ザ・イヤーになり、今年はメルセデスベンツCクラスが輝きました。


そして部門賞のイノベーション賞にはBMWi3、スモールモビリティは賞はホンダN WGNが受賞したそうです。


どのクルマも、おめでとうございます!!  自動車メーカーのみなさん、実行委員のみなさん、選考委員のみなさん、スタッフのみなさん、お疲れさまでした。


ちなみにマリアが10点入れるとしたら、ヴォクシー&ノアか、10BESTには入らなかったけど、オデッセイかな。どっちも超ドッグフレンドリーなミニバンだからね。




2014.10.13|16:30|Photo Gallery

▲このページのトップへ