青山尚暉のトップ

Photo Gallery

新型ダイハツ・コペンに乗ってきたよ(パパが)

コペンプロトタイプ.JPG

 ちなみにここ、どこだか分かりますか?後にフジテレビが見えている。



今日、パパはお台場の特設コースで6月に発売される新型ダイハツ・コペンのプロトタイプに試乗してきました。昨年の東京モーターショーで大注目を浴びていた画期的な軽ライトウェイトスポーツカーです。ボディが変なもんもん模様なのは、カモフラージュするため。この柄だと、ボディのラインなどが分かりにくいらしい。まだいろいろ秘密です。



運転席.JPG

マニュアルミッション車もあります。ハンドルはやや大きめ。ほかの軽自動車の流用だとか。



Dフレームというボディと一体化していない特殊な骨格を持ち、オープンボディはドアを除いてすべて樹脂。そのボディはドレスフォーメーションと称され着脱可能。つまりボディを着せ替えできるってわけ。




骨格.JPGミライースのフロアを使い、モノコックでもなくフレーム構造でもないDフレーム。これに樹脂のボディをボルトで止めていくんだって。



しばらくノーマルのまま乗っていて、あきたらルーフを除いて別のデザインのクルマに仕上げることも可能。元に戻すことも可能。



660ccのターボエンジンは専用チューンが施され、ミッションはCVTとMTで、CVTのほうはスポーツカーなのに25.2km/Lの燃費性能で免税予定。MTのほうも22.2km/Lで50%減税予定らしい。



走れば電動ルーフを開けていてもボディ剛性は素晴らしく、乗り心地よく、操縦安定性は鉄壁。エンジンは扱いやすく、パワーはほどよく、リヤタイヤが執拗に路面をとらえ、安定感抜群。アンダーステアが出にくいため、山道の下りなんかはとっても気持ちよく飛ばせるはず・・・・・とパパが言ってました。



こんなカッコいいスポーツカーに乗りたいけど、マリアが座る場所はないんですけどね・・・・・。



コペン1.JPG コペンリヤ73.JPG

約20秒でオープン/クローズ可能。

2014.04.02|17:34|Photo Gallery

▲このページのトップへ