青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

特別編 『不思議な力』 再び

本編、第四章 『不思議な力』 で、マリアと鹿児島で同郷だった犬たちに関する「不思議な力」を紹介しました。中でもゴールデンレトリーバーのレモンちゃんには特別な思いがあります。

 

 

remon_karuizawa1.JPG

                                      現在のレモンちゃん。鹿児島でマリアといっしょに暮らしていたお友達です。

 

 

 

先代ゴールデンレトリーバーを亡くしておよそ2年半。ある日、鹿児島の崩壊した繁殖場から、地元ボランティアのMさんとSさんによって奇跡的に救出されたゴールデンリトリーバーのレモンちゃんがわが家にやってきました。しかしその翌日、カミサンの"不思議な力"によっておなかのしこりを発見。ガンと診断され、入院したのです。

 

 

 

lemon070913-1.JPG       わが家にいたときのレモンちゃん。2007年9月13日撮影。わが家に迎えいれてもらえるのがうれしいのか、しっぽを振っている。 

 

 

 

その間、レモンちゃんたちに続き、鹿児島から決死の思いで脱出し、東京にたどりつき、わが家で暮らすことになったのが今のマリア(旧姓エクル)です。その経緯は第一章 『向日葵の花飾りに込められた希望』、第四章 『不思議な力』に詳しいですが、以来、レモンちゃん家族とは縁あって親交があり、一度、レモンちゃんの家の近くでマリアとレモンちゃんを再会させたこともありました。

 

 

 

 

lemonfamily.JPG

                                                  東京で再会した2頭。 左がレモンちゃん。右がマリア。

 

 

 

そんなレモンちゃんママから、レモンちゃんの近況が伝えられました。その内容は、まさしく「不思議な力」そのものでした。なので、今回は特別編として、その一部始終をお伝えしたいと思います。

 

 

 

マリアが鹿児島にいたとき、いっしょに苦労したゴールデンレトリーバーのレモンちゃん。当初 、里親としてわが家に迎えた子でしたが、運命に導かれたように、今の飼い主さん家族の元でとても大切にされ、元気で幸せに暮らしています。

 

 

ここにある多くの写真は、レモンちゃんママから送られてきた、冬の軽井沢で撮ったものです。ドライブが苦手のレモンちゃんだけど、クルマに乗ると楽しい場所に連れて行ってもらえることはちゃんと分かっている。 だからドライブ旅行に出掛けるときは、嫌な顔ひとつせず、うれしそうにクルマに乗り込むそうです。

 

 

 

去年のクリスマスは軽井沢、お正月は伊豆、そして2月にはレモンちゃんパパが 2年前からレモンちゃんのために予約していた、ペットといっしょに泊まれる部屋がたった一部屋しかない、伝説のリゾートホテル、谷の集落に滞在するような 『星のや軽井沢』 へお出掛けしたそうです。犬冥利に尽きますよね。

 

 

remon_karuizawa2.JPG

                                                     雪の中で完全防備のレモンちゃん。暖かそうだ。

 

remon_karuizawa5.JPG                                       マリアもテクテク歩いたことのある旧軽井沢。黒の洋服が似合ってます。

 

 

ところが、『星のや軽井沢』 から帰ってきてレモンちゃんをブラッシングしていると、なにやら怪しいしこりが発見されました。しかも出血している。すぐに救急病院で検査してもらうと、肥満細胞腫との診断でした。

 

 

「何とも "不思議な力" を感じました。軽井沢に行く前にも毎日ブラッシングしていて見つからなかったのに、帰ってくるとすぐに見つかったのは、きっとれもんが、2年前から予約し、楽しみにしている軽井沢旅行をやめさせないようにと、気づかってくれたのでしょう。なんともいとおしく、感謝しているところです」。レモンちゃんママはそう "不思議な力" を感じたそうです。

 

 

病理結果はグレードⅠ(良性)。手術の必要はなく、部分麻酔による患部切除と薬の投与で大丈夫・・・・・とのこと。レモンちゃん、がんばったね。本当に良かった!! 今、レモンちゃんは毎日ステロイド・抗生剤を投与しつつ、また楽しい旅行に行けるようにがんばっているところです。暖かくなったら、またどこかへ連れて行ってもらってね。

 

 

 

remon_karuizawa3.JPG

                                                今度、いっしょに旅行しようね。 by 同郷のマリアより

 

remon_karuizawa6.JPG

                           ソフトクリームを買ったら、最後のところをハグハグといただくのがお約束!? マリアも大好物です。

 

 

飼い主が愛犬を思う。それと同時に、犬も飼い主を思う。そのお互いの強い思いが、今回のような"不思議な力"を導いてくれたのだと思います。レモンちゃんはこれまで何度も危機に直面し、しかし家族の大きな力によって無事、乗り越えることができたのです。そして思いが奇跡を起こしてくれる。レモンちゃんママからの近況を聞いて、人間と犬の間に、確実に"不思議な力"が存在すると感じました。

 

 

そしてまた、愛犬と常にふれあい、さわってあげる。それが病気の早期発見につながることを、あらためて実感させられたのです。

 

▲このページのトップへ