青山尚暉のトップ

Photo Gallery

すごい洗車ブラシ、発見しました!!

yawakarubrush.jpg最近、パパはブラシに凝っています。家の中もクルマも、「ブラシを使わないと細かい部分やしつこい汚れは落ちない」が持論。で、いろいろブラシを集めているわけですが、この写真のブラシ、凄いです。知る人ぞ知る、洗車のプロも愛用する 『やわかるウォッシュ』 という商品で、創業大正10年の老舗ブラシ屋さんが作った会心の一作。職人さんが一穴一穴に手植えしたハンドメイドのブラシで、合成糸の極細、強靱毛材を使っているため、ボディに優しく、しかも耐久性抜群。持つところは柔らかいスポンジ素材で、万一、ボディの上に落としたり、当てても心配なし!!

 

 

ところで、クルマのボディ洗いにはスポンジやタオルを使うのが一般的とはいえ、スポンジは細部の汚れを落とせず、面でボディに触れるため、砂やホコリが乗っているとキズがつきやすい。タオルも細部を洗うには適していなくて、どちらも細部の汚れをかき取る性能はいまいち。ところがこのブラシだと、ボディ全体はもちろん、ボディとライト、ボディとボディの隙間、グリル回り、エンブレム回りに詰まった汚れもスイスイ優しく落としてくれるから超便利。むしろボディ、塗装に優しいらしい(どんなブラシでもそういうわけじゃないから注意)。だから洗車後の仕上がりがまったく違うって、80年代の洗車ブームを作ったらしいパパが言ってました。 もちろん、パパも愛用中。とくに夏、海岸沿いを走ったクルマ、冬、凍結防止剤をまいてある道を走ったクルマには効果絶大。サビ防止にもなるんだって。

 

どこかで見かけたら、即買いしましょう。「これからの洗車はブラシで洗う!」 パパが今、推進している新時代の洗車術にまとにぴったりのアイテムの紹介でした。

 

ちなみに発売元はマルテー大塚グループの㈱マルテー東北石橋というところ。

2011.09.02|13:53|Photo Gallery

▲このページのトップへ