青山尚暉のトップ

Photo Gallery

スポーツカーだ!新型インプレッサだ!

FT-86 2011.5.12.jpg今日、パパは海外モーターショーに出品されたスバルのショーカー、新型車の展示会に行ってきたワン。

 

① このスケルトンのスポーツカーはすでに FT-86 というネーミングでも有名なトヨタとスバルがコラボしたFRレイアウトの小型スポーツカー=『ボクサースポーツ・アーキテクチャー』。 トヨタが企画、デザインし、スバルが開発、生産を担当。スバルと言えばAWD (四輪駆動)だけど、このFR(後輪駆動)はスバルにとってまさしくチャレンジ。 2012年春の発売が楽しみ。なにしろ手頃な価格なんだって!! こんなカッコいいスポーツカーに乗って、マリアもドライブしたいワン!!

 

② スバルの水平対向エンジンはトヨタの開発者も驚くエンジン自体の低さ、低重心で有名。FT-86では新水平対向エンジンをこれまでのスバル車より120mm低く、240mm後ろ寄りに搭載。だからこんなに低く、スタイリッシュなカタチになったんだって。

 

③ 同時に展示されていたセダンは次期、4代目インプレッサ(の北米仕様)。空力に優れていそうな堂々としたスタイルと上級感たっぷりのインテリアは魅力たっぷり。パパの話によると、ドアが大きく開き、敷居が低くなったため乗降性がすばらしく良くなったんだって。マリアもより乗りやすくなってると嬉し。

最大のウリはこのクラスのAWD(四輪駆動)セダン、AWD 5ドア車として驚異の燃費らしい。最新のエンジンと新搭載のCVT、そしてアイドリングストップなんかの組み合わせで10-15モード燃費が20km/L前後までいったら凄いなぁ・・・・。マリアはその実現に1票!!!  まだ、日本仕様の燃費は公表されていないけど、パパと開発責任者、竹内さんの会話はこんな感じ。 

 

パパ「新型インプレッサ、燃費がすっごく いいそうですね」

 

開発責任者「その通りです」

 

パパ「じゃ、仕様によってはいきなり10-15モード燃費で20km/L近く いっちゃいますかね」

 

開発責任者  「・・・・・・ニヤリとしながら沈黙」

 

パパ 「日本向けは北米仕様にないアイドリングストップとかもありますかね」

 

開発責任者  「・・・・・・ニヤリとしながら沈黙」

 

パパ 「ですね」

 

開発責任者 「がんばります」

 

※会話の内容にマリアは責任持てません・・・・・

 

2011.05.12|19:54|Photo Gallery

▲このページのトップへ