青山尚暉のトップ

Photo Gallery

プラグイン・ハイブリッド充電中

prius PHV.jpgハイブリッドカーといっても種類はさまざま。モーターがふたつだったり、ひとつだったり。燃費も12.2km/L~38km/Lと違いがあるワン。というのは、同じハイブリッドカーでも、燃費重視のクルマと、モーターをより力強い走りに利用するクルマの2種類があるため。ハイブリッドならなんでもすっごく燃費がいいわけじゃないのよ。

 

ところで、今日、わが家にあるのは、プリウスのプラグイン・ハイブリッド( PHV )。自宅のコンセント(アースのある3穴)からいつでも充電できて、電気自動車状態で最大23.4キロも走れるんだって(ふつうのプリウスは数百メートルから最大2キロ)。借りてきたトヨタの東京本社(東京・飯田橋)から浦安市の自宅までの約22キロの距離なら完全に電気自動車状態で走れて、ガソリンの消費量はゼロ。燃費抜群どころじゃない。

 

つまり、近所の買い物に走り回っても、約20キロ以下の距離なら電気だけでOK。帰ってきたら充電。遠出しなければ、ガソリンスタンドに行く必用なかったりして。

 

充電は100Vで約3時間かかるけど、200Vなら1時間40分。 新しもの好きなマリアは興味津々で、充電している間、見張りをかねて、クルマの横でこうしてお座りしてます・・・・(というか、させらせれてる?)。

 

PHV の特徴は、もしバッテリーの電気がゼロになっても、その先はハイブリッドカーとして走れるから安心らしい。電ケツなし。

 

そう、プリウス PHV にはエンジンもあって、いざというときにはエンジン+モーター、つまりプリウスと同じように走れる「エンジンの保険付き」というわけ。そのときは、プリウスよりバッテリーをたくさん積んでいるので、"大人2人ぶんも重い" プリウスになっちゃうけど・・・・。

 

2011.05.10|13:01|Photo Gallery

▲このページのトップへ