青山尚暉のトップ

Photo Gallery

東北地方の被災したペットを救おう

maria_pr.JPG

 

マリアです。東北地方、福島では被災した家に、どうしようもなく残されたままのペットや、飼い主と離ればなれになって放浪しているペットたち、飼い主といっしょに逃げられても避難所に入れないペットたちがたくさんいます。 そんな被災したペットたちをレスキューする動き、ペット用の支援物資を届ける動きがあります。ぜひ、目を通して下さい。

 

東京都墨田区のペットショップ「ジョーカー」さんはドッグフード、キャットフード、トイレトレー、お皿、ケージ、給水器などを救援物資として必用としています。贈呈先は仙台市NPO法人ハートtoハートだそうです。

 

滋賀県高島市の動物愛護団体「エンジェルズ」はすでに「命のリレー」として遠路、被災地へレスキューに入り、何頭もの被災したペットを救出したそうです。被災地の動物保護要請受け付けのほか、現場レスキュー隊の募集、義援金の協力などを発信しています。

 

ナチュラルドッグスタイル」さんは環境省宛に、『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』の活動をおこなっているそう。被災して仮設住宅に入れるとしても、ペット連れということで入居を拒否されることもあるんです!!

 

現地から発信されているNPO団体「ハート to ハート」代表理事の菊池明美さん@仙台の「被災地支援レポート」もあります。

 

鹿児島からレスキューされたマリアもある意味、立場は同じ。なにかできることを・・・・・寝ているんではありません、必死で考えているんです。

 

2011.03.21|22:04|Photo Gallery

▲このページのトップへ