青山尚暉のトップ

Photo Gallery

マリアの震災報告 1

pgsoftcart_maria.JPG

ご心配をかけていますが、マリアは大丈夫です!!

 

まずはこのたびの東北地方太平洋沖地震において被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い被災地の復旧を心からお祈り申し上げます。

 

実は、マリアの住んでいる浦安市のディズニーリゾートに近い海側の住宅街も深刻な被災地なの。市長が東京電力にお願いして、計画停電の除外地域に指定されたぐらい。 3月15日現在、電気、ガスは大丈夫だけど、上水、下水ともに復旧の見込みなし。マリアが大好きなお散歩後の足洗いや週に一度のシャンプーもダメ。 パパたちはトイレを仮設トイレで済まし、歯磨きは公園の水飲み場で......なんていう状況ワン。

 

※ 3月17日現在も状況は変わらず、公園の水飲み場での歯磨きも禁止。

 

そんなさなか、ママがマリアの災害移動用として「PGソフトカートBIG」っていう、カートを注文してくれて、翌日、クロネコヤマトの宅急便屋さんが被災現場の中、大変な思いをして届けてくれました。 PGソフトカートBIGは、6輪、1シーターのオープンモデル。ボディカラーはレッド&ブラック。自動車評論犬として、自動車雑誌風にスペックを紹介すると、全長102×全幅79×全高98cm。室内長80×室内幅64×室内高60cm。車重11.5kg。前輪19.5cmダブル、後輪29cmシングル。折り畳み可。 だからクルマにも積める (プリウスのトランクでギリギリだったけど) 。

 

なんでこんなときにあわてて買ったのかって? それは、家族といっしょに避難したり、今月結婚したお姉ちゃんのマンションにお風呂に入りにいったりするとき、大型犬の歩行は大変だし、公共エリアを歩けないから。 フロントウインドー部分とサンルーフ部分はメッシュになっていて視界抜群。前輪は180度回転するから右へ左へスイスイ。

 

というわけで、このギャラリーブログ、しばらくはマリアのお家の回りの被災状況をリポートします。

 

2011.03.15|11:02|Photo Gallery

▲このページのトップへ