青山尚暉のトップ

Photo Gallery

ユーミンのツアーが始まったワン!

maria_yumingtour2011.4.14.JPGいよいよ4月15日から待ちに待った、Yuming、松任谷由実さんの2年ぶりのコンサートツアーが始まりました。ニューアルバム 『ROAD SHOW』 が4月6日に発売されていることもあって、ツアー名もズバリ、"ROAD SHOW"。それが始まる直前、わが家では毎日、1日中、アルバムの聴き込み、予習。もう何度大音量で聴かされたことやら。マリアも全曲、覚えちゃったぐらい。

 

ステージはユーミンの想いの中にある映画の世界が展開。新曲もたっぷり聴かせてくれます。ユーミンの着物の早着替え(数秒)、見てるほうがちょっと恥ずかしい  ( パパ談 )、体のラインがそのまま出てる 銀色のピタピタの宇宙服みたいな衣装、そしてステージ上で展開されるモノクロのムービーにも注目。

 

ちなみに新しいアルバム 『ROAD SHOW』 でパパが一番好きな曲は、ツアーの演目にも入っている  『コインの裏側』 。懐かしさとユーミンらしさのmix感が絶妙なんだって。意外なのは、その曲のイントロの泣かせるギター( メロディ )、実は松任谷正隆さんが弾いていること。えっ、松任谷さんってプロデューサー、アレンジャー、キーボーディストじゃなかったっけ?

 

パパがツアー初日の前日の4月14日、横須賀芸術劇場の公開リハーサル=ゲネプロに行ったとき、楽屋で松任谷さんに 「 『コインの裏側』 のイントロのギターはレコーディングギタリストの鳥山さんですよね、さすがいい音だ 」  と言ったら、松任谷さんに一喝されたらしい。「そこはボクですよ」 ってね。もっと言えば、アルバム1曲目の『ひとつの恋が終わるとき』のイントロのカッコいいギターもまた松任谷さんが弾いているんだって。上手いなぁ、凄いなぁ。クレジットされていないここだけの秘密の話ということで・・・・。松任谷さん、ギタリスト泣かせのプロデューサー、アレンジャーだ!!

 

写真はまず、今日、届いたマリアの新しい分厚くてフカフカな夏物の布団。寝心地、座り心地抜群。やっぱり薄いクッションとはワケが違う・・・・。嬉しくてシッポふりふりが止まらないぐらい。

そして 『ROAD SHOW』 のツアーパンフレット、CDです。 みんなもツアーに行ってね。感動、満足できること請け合いです ( と、パパが言ってました ) 。

2011.04.17|14:27|青山尚暉

▲このページのトップへ