青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第十六章 旅するマリア『マリアの夏休み2014』

今年も夏がやってきました。マリアが崩壊した鹿児島の繁殖場から東京に飛行機で飛んできたのはまだ暑い9月末のことだったんだけど、マリアは夏が好き。だってあちこちドライブ旅行に連れていってくれる季節だから。



もちろん、犬は暑さが苦手だから、移動は早朝や夕方以降、涼しくなってからが基本。目的地も避暑地に限ります。



そこでことしのマリアの夏休み旅行第二弾は、行き慣れた那須高原。(第一弾は箱根。しかし第二弾ってどーゆーことだ。第三弾もあるのか? byパパ)



いつもいっしょの人間のお友達といっしょに、環境に優しく乗り心地も抜群で後席に乗り降りしやすい、マリアお気に入りのプリウスPHVでいざ出発。



途中、佐野SAで休憩するのが、わが家のお約束。ドッグランがあるし、テラスやベンチでランチをみんなといっしょに食べることができるからね。



佐野SA尚暉.JPG

佐野PAにて。



そして那須高原に到着。まずは今回は始めて訪れる、土間部分に犬が入れる、古民家を移築した絶品のおそば屋さん「五色庵」へ。



そば屋エントランスマリア.JPG

五色庵のお店の前でパチリ。古民家を移築したらしい。中も重厚。



ここでは鴨つけ汁そばや、地元の野菜をつかった天ぷらそばが人気らしい。おそばはけっこうな盛りで、おなかがすいていても大丈夫。そして突き出しの大根についてくるそば味噌がまた絶品。お土産に買って帰れるんだって。きゅうりのスティックにつければお酒のおつまみにもいい。食後にはバニラ・ヘーゼルナッツフレーバーのコーヒーがサービスされるのもうれしいポイント。



蕎麦.JPG 五色庵撮影中.JPG

ワンコOKの土間席でパパのお友達が記念写真をとってくれています・・・・・のはず。



次に向かったのが、以前、東京でお店を構えていた、高級ドッググッズ店「Mr. Mac」の那須アウトレット店におじゃましました。


高原の森の中にあっていい雰囲気。保護犬として家族の一員になった犬たちがワンワン出迎えてくれました。



MR.MAC.JPG

MR.MAC。蚊がいます。



店内には小型犬用を中心に、カラフルで使いやすいグッズが勢ぞろい。マリアもいろいろ買いました。パパにはお散歩用グローブ、ママには黒とピンクの水ボトル付きお散歩バッグをね。どれもとってもデザイン、センスがいいんだ。




MR.MAC中.JPG



那須高原をドライブしたあとは、那須のマリアの定宿でもある、森の中の隠れ家『レジーナ那須』へ。 高原リゾートらしいコテージタイプの愛犬同伴宿で、全23室のうち17室が愛犬同伴可(そのうち13室が温泉付き)敷地内で、レストランを含め、犬の入れない場所はありません。



レジーナ那須エントランスプリウス青山.JPG

スタッフがお出迎え。ちょっと演出っぽいですが。クルマはプリウスPHV



最近、リニューアルしたばかりでスタッフもリフレッシュ。若いスタッフが増えたらしい(フロント責任者やレストランスタッフは以前のまま)。


宿泊したコテージは、小川沿いに位置するデラックスコテージ 客室温泉付き Jタイプ。


コテージ.JPG



そうそう以前にも報告したけど、レジーナ那須のチェックインは、飼い主と犬がいっしょに座って優雅に手続き。マリアはもう顔なじみだから実にスムーズ。 会員制度も新しくなったよ(レジーナドッグクラブ→那須ドッグクラブ。会員10%オフはそのまま!)。



フロント女性.JPG

新しいフロントスタッフのお姉さん。もう仲良しだよ。




コテージ外観.JPG

これで2部屋分。ひとつのコテージでお部屋が左右に分かれています。



渡り廊下をトコトコ渡ってコテージに入るとまず広々としたダイニングルームがあります。まさにデザイナーズコテージですね。



コテージダイニング.JPG

このタイプのコテージは、入り口からコテージ内まで高低差のあるつくり。



ちょっと階段を下がるとリビングルーム、ミニキッチン、温泉のバスルーム、独立したトイレ、そしてバーベキューができる広さのテラスがあります。



コテージリビング.JPG

天井の高いリビングルーム。左手にミニキッチン、右手にバスルーム、お手洗いが。




さらにダイニングフロアから階段で2階に上がるとそこは広々とした眺めのいいベッドルーム。そう、このコテージは3階建て。非日常的なレイアウトが特徴ワン。



ベッドルームCT.JPG

ベッドの寝心地も文句なし。



もちろん、バリアフリーのコテージもあるから、将来、よぼよぼになったらそっちをリクエストします~。



チェックインのあとは、マリアが真っ先に寄る敷地内のドッグコミュニティハウスへ。いつものお姉さん、そして新人のお姉さんが遊んでくれたよ。



コミュニティハウス.JPG

もうマリアはここの常連。




楽しみな夕食は一流シェフがいるレストラン・ポーミエでの自然派コース料理、コテージでいただけるバーベキュー、しゃぶしゃぶから選択可。今回は夏休みドライブ旅行ということで、バーベキューに決めました(マリアが)。こうして訪れるたびに違うメニューを楽しめるところも『レジーナ那須』の魅力。ワンコ用のアイスクリームもあるんだよ。




バーべQシーンマリア.JPG 「お肉、ちょうだい」。 写真は撮影のためのイメージです(この場所でバーベキューはできません)。


バーべQ肉.JPG

お肉は地元の那須野が原牛、那須三元豚など。



バーべQ野菜.JPG 野菜は主に地元のもの。海老もつきます。



バーベQ犬.JPG これは犬用バーベキューメニュー。かなり美味しそうです。 贅沢すぎる!



P1030662.JPG

お肉、フーフーして冷ましてね。※特別に撮影許可をいただいて、お部屋のテラスとは別の場所でバーべーキューしてます。



犬アイス.JPG

夏なので、マリアもアイスクリームをいただきました。




しかし、レストラン「ポーミエ」のディナーも気になる。ということでマリア自ら潜入。するとどうだ。その場でブロックから切り出してくれる生ハム、健康と美容にいいシェフ特製のコース料理に鼻全開。ヨダレがポトポト。行儀が悪そうなので、退散しました。



生ハム単体.JPG 生ハム.JPG

オプションの生ハム。


メイン肉料理.JPG

メインの肉料理。子牛のソテー。




ところで、マリアが乗ってきたクルマはプリウスPHV。嬉しいのは本格的で超機能的なドッグアクセサリーがいっぱいあること。今回使ったのは後席部分のドア内張りまで完全に覆ってくれるトヨタ純正の「ペットシートカバー」(1万9440円)と、ハピカラで買えるドイツ・ハンター製のドッグシートベルト。女の子としてあんまりいいたくないけど、マリア用はXLサイズでした~(2万520円)。



プリウスPHV.JPG

プリウスPHV。EV走行距離が長いのが特徴。那須ICからここまでCO2ゼロのEV走行できました(最大20キロ程度)。



ペットシートマット.JPGトヨタ純正のペットシートカバー。各サイズあり。抜け毛がからまない素材でとっても機能的。



シートベルト.JPG

前部にメッシュの窓があるので、運転手のパパとアイコンタクト可能。エアコンの風も届きやすい。



ペットシートカバーがすごいのは、6:4分割ができて、たとえばマリアのいる部分の6側だけ使って、となりには飼い主が乗れるようにアレンジできること。こんなスグレモノ、ほかになし。しかも表面は抜け毛がからまず、パタパタやるだけで抜け毛を落とすことができるから便利。プリウスはHV、このPHVともにインバーターエアコン完備で、一時停止中、エンジンが止まってもエアコンがしっかり効くのが、暑がりの犬にうれしいポイント。後席が低く、犬が乗り降りしやすいのも見逃せません。



ペットシートマット分割.JPG

6:4分割の6部分に乗ってます。十分に広々。手前に人が乗れます。マリア、ニコニコでしょ。




そんなわけで、那須の夜は更けていきます。マリアも今夜は酒盛りにお付き合い。コテージのテラスでグィっと1杯、気持ちいいんだろーなー。



翌朝は鳥のさえずりで目覚めたあと、コテージの回りの高原らしい小道をお散歩。朝御飯の前にしっかりお腹をすかしておかなきゃです。



朝食は夏でも那須高原は涼しいから、レストラン・ポーミエのテラス席で。地元の卵、野菜やソーセージなどを使った朝食に大満足。マリアもしっかり焼きたてのパンをいただきました。 あ~美味しい。



朝食2014.7.JPG テラスマリア.JPG

高原の風が気持ちいいくワン。



さて、レジーナ那須のチェックアウトは午前11時と余裕があるから、パパは昨日から3回目の温泉タイム。マリアはドッグランへ。多くの犬と泊まれる宿のチェックアウトは午前10時だけど、その1時間のゆとりが滞在の楽しさ、快適感を大きく高めてくれます。宿選びの参考にしてね。



というわけで、マリアの夏休み旅行第一弾はこれでおしまい。レジーナ那須のスタッフといっしょに記念写真を撮っていざ出発。




スタッフ.JPG

帰り際にスタッフに囲まれてゴキゲンなマリア。パパは左足の小指を骨折中。



チョコ.JPG

最近は、美味しいチョコも売ってます。ペニンシュラのチョコ並の原材料を使っているとか。



帰りのクルマの中で、さっそく第二弾の交渉をパパとするんだ。マリアはもうシニア犬。あと何回、何年、元気でドライブ旅行できるか分からないから、元気なうちにあちこち連れていってね。


と、レジーナ那須を出発するとき、パパはいっしょにいったお友達に「お疲れさま~。原稿の締め切りはいつだっけ」なんて言ってる。


げっ、今回もお仕事だったのね~。どうりでカメラ好き風のおじさんがいたりしたわけだ。正確にはカメラマン、ですが・・・・・。



ブリウス+マリア.JPGこんなポーズをとらされたもんなー。 やっぱりお仕事、撮影だ。



では、第三弾をお楽しみに~(それが想像もできない展開になることを、マリアはまだ知らない byパパ)



ちなみに、この日のロケの詳細は、7月26日発売の自動車専門誌カートップ9月号、マリアの連載CT DOG 特別編に掲載されています。ぜひ、そちらも!!

 





 

▲このページのトップへ