青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第十六章 旅するマリア『大好きな軽井沢に行ってきたよ 2014』(前編)

わが家では毎年、5月になると家族で軽井沢プリンスホテルイースト『森のドッグビレッジ』のコテージを訪れます。どうやら、恒例のようです。だから、冬が終わり、新緑の季節になると、ワクワクします。また軽井沢へ行けるんだってね。まさに愛犬と暮らし、旅する幸せワン。




ドッグビレッジ.JPG

着きました。お約束の場所でさっそくパシャリ。毎年やらされます。



なんでも35年ぐらい前からパパたちはここ、軽井沢プリンスのコテージを春、夏の旅行の目的地にしているらしい。長いねぇー。35年ですよ。 ちなみに35年ぐらい前にはじめて泊まったのは、今は軽井沢プリンスウエストになっている場所にあった晴山荘コテージだったんだって


マリアがパパの家に来てからは、いつも502号室。マリアのにおいがしみついています(うそ。ちゃんとクリーンアップされてます)。



502号室.JPG

このカットも毎年お約束。パパお気に入りの502号室です。50ウン歳なのに、派手だなぁ。



今年は何かの特別な記念日らしく、大盤振る舞いの3泊4日。いろいろなところに連れて行ってもらう約束です。ここはコテージのリビング&ベッドルーム。このほかにもう一部屋ベッドルームがあります。犬用のおやつも1泊につきひとつ、ついているんだよ。へへっ。



コテージ502リビングマママリア.JPG

いい子にしてたら、おいしいもの、食べさせてあげるわよ、とか言われて、はいはいと言ってるところ。



ところが、初日は痛恨の雨模様。たしか一昨年も初日は雨でした。まぁ、新緑が香って、潤っていいかも。マリアは晴女のはずなのになぁ。


到着雨.JPG雨のリゾートも悪くない。1日だけならね。今年はVWゴルフヴァリアントで来ました。



コテージに着いてまずやることは、クルマの中でも敷いてもらっているマリアのマイベッドをしかるべき位置に敷くこと。これでどこでも安心快適に過ごせるんだ。


コテージマリアベッド.JPG


それにしてもパパはスーツケースの中からあれよこれよと衣類を出し、帽子とともにハンガーへ。3泊4日でいったい何着、何個持って来てるんだ。マリアはリード&首輪2パターン、洋服2着だけだよ。



ワードローブ.JPG

すべてモノトーンの長袖Tシャツ2枚、半袖Tシャツ1枚、半袖ポロ1枚、パーカー1枚、パーカーベスト1枚。これにパンツ3本、おっと、今着てる上下一式もある。靴は3足!!



帽子前.JPG帽子は今のところ、ハット1、キャップ2。今のところね.....。




夕方ごろには晴れ間がのぞき、これまたお約束のテラスでグアバジュース!!マリアも毎年、つきあうことになってます。


コテージの窓からの眺め、このテラスからの眺め、雰囲気も「THIS IS KARUIZAWA」で最高です。こんなに気持ちいいところ、マリアはほかに知りません。コテージがちょっぴり古くても、そこが何ものにもかえがたい魅力。だから毎年、来るんだよね。



コテージテラスジュース2.JPG

実は、この日、気温12度。撮影のために我慢して薄着してます。お風呂が少しきれいになったよ。


テラス2012.JPG

2012年バージョン。


テラス2013.JPG2013年バージョン。いつも同じハワイアンサンのグアバジュース!!




翌日は、まだマリアがこの家に来る前、パパが訪れたことがある小田原にあったペットと泊まれる宿の草分け的存在 『ジュディ&プリン』 という宿のオーナー夫妻が犬たちと軽井沢に移住し、西軽井沢に出店した『ドッグランカフェRYO』へ。ホテルから、旧軽井沢から約20分の距離にあって、森の中のとってもいい環境の中に1000坪以上の敷地が。ドッグランは大型犬用、中小型犬用、フリーの3面。当時の宿のお客さんのリクエストに応えた、小田原時代のアジの開きをメインにした朝定食も季節によっていただけるんだって。


渋滞を避けるため、朝早く軽井沢に着いても犬連れだとなかなか入れるカフェやレストランはないでしょ。軽井沢で愛犬といっしょに朝定食なんてここだけ。もちろんランチもやっていて、午後4時までの営業だから、ホテルにチェックインする前に立ち寄るのに最高のドッグランカフェなんだ。小田原時代のホテル名にもなっていた、5月で13歳7カ月になったゴールデンレトリーバーのプリンちゃんや、フラットコーテッドレトリーバーのアリスちゃんもいたよ(現在全7頭)。



RYO外観.JPG

とってもいい雰囲気です。これぞ軽井沢っていう森の中のロケーション。森林浴中。



RYO店内.JPG

ここが店内のカフェスペース。しっかり犬仕様です。


RYO売り場.JPGショッピングコーナーにはほかでは見かけないグッズがいっぱい。小型犬用もあったよ。


RYOドッグラン.JPG

ウッドチップが敷かれた広大なドッグラン。ここはフリースペース。



犬のマッサージの資格を持つオーナー婦人に、特別にマッサージしてもらって旅の疲れを癒やしてもらってます。もう気持ちよくてへろへろです~。「後ろ足の付け根がこってますね~」と言われました。たしかに。



RYOマッサージマリア.JPG気持ちよくて、たまりません。 でへっ。




プリンマリア.JPG

帰り際にそれまで寝ていたゴールデンレトリーバーのプリンちゃんがあいさつに出てきてくれました。今は病気と闘っているとのこと。がんばってね。



夕食前にはコテージのすぐ隣にある(徒歩10秒)大型犬用のドッグランへ。こうした環境のよさ、ドッグランへの動線のよさも、このコテージをマリアが気に入っている理由。ねっ、うれしそうな顔、してるでしょ。



マリア尚暉ドッグラン.JPG

コテージのすぐ後ろがドッグランになってます。




ドッグランで遊び、コテージに戻ると、おっ、マリアの目はごまかせない。さっそく帽子がひとつ増えている。夕方、パパがしばらくいないと思ったら、歩いて行ける距離にあるプリンスショッピングセンターのCA4LA(カシラ)という帽子屋さんへ行ってた。パパはそこで毎年、ハットをひとつ買うことにしてるらしい。原宿に本店があって、そこにも出入りしているんだけど、「軽井沢で毎年、ひとつずつ増やしていくことに意義があり、それが思い出づくりなのであーる」、なんて言ってます。はいはい。



帽子.JPG一番左のが今日、買ったCA4LAの新作、2014年5月バージョン。マリアには同じに見えるんだけどね。高級素材らしい天然草バオ100%。日本製。なんて、どうでもいい情報ですいません。




さて、明日は星野エリアにあるハルニレテラス、旧軽井沢へ続く道沿いにある『軽井沢ニューアートミュージアム』に併設された本格イタリアンレストラン、Ristorante Pietrino(リストランテ ピエトリーノ)、そしてお約束の白糸の滝なんかに繰り出す予定。軽井沢ニューアートミュージアムの広報担当で、パパのお友達の女性、Sさんに教えてもらった標高1200m、軽井沢でもっとも高いところにある天空カフェ・アウラの超絶景も楽しみ。お天気、大丈夫かな。でも、お部屋にこんなものが置いてあったから、大丈夫だよね


てるてる坊主.JPG

雨の日にチェックインすると、こんなものが置いてあります。 心強い!?



ところで、マリアお気に入りのVWゴルフ7のヴァリアント(ワゴン)・ハイラインのドライブは快適そのものでした。乗り心地は素晴らしくなめらかでショックが少なく、高速走行でもとっても静か。燃費は東京~軽井沢をほぼアダプティブクルーズ(全速度域でアクセル、ブレーキを使わずに走行できる機能)ONで走行して18.4km/L ともう抜群。VW純正のフラットベッドを後席にセットしているから安心安全でもあるんだ。後席に乗るとき、シート位置が低くてジャンプしやすいのもポイント。シートがとってもいいから、運転手のパパはまったく疲れなかったんだって。マリアは自称!?自動車評論犬でもあるから、こうした情報もしっかり押さえとかなきゃね。




フラットベッド.JPG VW純正の犬用フラットベッド。ボックス形状で、ドア内張りも汚さない。底が固くフラットで安定感も抜群。前席から犬の様子が見えるように、前部はメッシュの窓になっています。ジッパー付きのサイド部分を外してたらすと、乗り降りするときのシートサイドのカバーになって、ボディをキズつけません。



ふーっ、軽井沢の緑と空気は特別に気持ちいい。テラスにいながら森林浴。たまらないワン。(つづく)


マリアテラスたそがれ.JPG

▲このページのトップへ