青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第十章 『里親になるということ』 07

わが家が犬の里親募集のウェブサイトを知ったのは、ピート君の飼い主の小谷野さんからの情報でした。

 

 

maria_peat.JPG      軽井沢で夏を過ごしたピート君とマリア。ラブラドールリトリーバーの大先輩ですが、マリアをかわいがってくれます。 

 

 


「掲示板にゴールデンレトリーバーのいい犬がいるわよ。見てみたら」とメールをもらったのです。ボクたちはそこで初めて、犬の里親募集の掲示板があることを知りました。そこには全国の、里親募集をしている犬たちが何百頭と掲載されていました。こんなにも多く、不幸な犬がいる事実に驚いたのを覚えています。

 

 

犬たちの写真をクリックするとその犬のプロフィールページを見ることができました。そこにはボランティアさんの元で暮らしている犬の様子が何枚かの写真で紹介されています。同時に保護された経緯、性格、病気、里親への希望などが記載されていました。

 

 

わが家に、と考えていたゴールデンレトリーバーを保護しているボランティアさんにメールをしてみると、翌日、返事が返ってきました。幸い、その犬はすでに里親さんが決まっていました。縁がなかった・・・でも幸せをつかんだのならよかったと、ホッと安堵(あんど)したことを覚えています。

 

 

メールの返事の最後に「0月0日、鹿児島から小さなゴールデンの女の子が来ます」。と、小さく書いてありました。同時期、カミサンは里親募集の掲示板からマリアたちの繁殖場のブログへ飛び、毎日食い入るように見ていたのです。だからそれがレモンちゃんとすぐに分かったそうです。早速ボランティアさんにメールで確認すると、やはりその子はレモンちゃんでした。何という偶然でしょう。カミサンは運命を感じたそうです。

 

 

そう、里親募集の掲示板に掲載されている犬たちの中に、運命の1頭がいたのです。もっとも、わが家にレモンちゃんでなく、マリアがやって来たことはすでに説明した通りです。

 

 

 

 

 

lemon&maria.JPG

運命の2頭!? 東京で再会した、同じ鹿児島の繁殖場で辛い日々を過ごしたレモンちゃん(とマリア)。今ではとても素晴らしい家族の一員として幸せに暮らしています。

 

 

友人の小谷野さんは、那須動物王国のボス犬だったピート君を王国引退後に引き取り、里親となったその前から飼っていたミックス犬を老衰で亡くしていました。悲しみにくれた日々を送っていたあるとき、里親募集の掲示板にそのミックス犬にそっくりな1頭を見かけたそうです。カミサンも小谷野さんから連絡をもらい、里親を募集している、たくさんの犬たちが掲載されている掲示板の中にいたその子が、すぐに分かったそうです。その子は歳をとっていて、フェラリアも入っていました。

 

 

が、小谷野さんは亡くした愛犬の導きと感じ、迷うことなく里親になったのです。その子はボランティアさんが「きっと里親希望の飼い主は現れないだろう」とあきらめかけていた子でした。つい最近、その子も犬生をまっとうし、天国へ旅立ちました。小谷野さんの家にやって来てから長い年月ではなかったけれど、毎日、安心して眠れる場所があり、おいしいご飯がもらえ、お散歩だってしてもらえたのです。最後は大好きな家族にみとられ、安心して天国に行けたことでしょう。

 

 

犬の里親になる・・・それは難しいことではありません。今は、ボランティアさんも家庭犬としてちゃんと暮らしていけるよう、しっかりと社会性を身につけさせてから里親募集に出すことがほとんどです。ボランティアさんはどの子も幸せになってほしいと願うものです。すぐに手放されてしまうような状態では、決して渡しません。
犬だって、飼い主がたびたび替わってはかわいそうですから・・・。

 

 

ただし、その犬の第二の(もしかすると第三の)犬生を真剣に考えているボランティアさんほど、わが家も経験したように、面接は慎重です。家庭環境、家族構成、犬の飼育経験、犬がひとりぼっちになる時間、家族全員が里親になることに賛成か・・・などなどいろいろ聞かれます。そして、相性を確かめるため、1ヶ月間のトライアル期間があったりします。

 

 

運命の出会いは、写真の表情やその子のこれまでの犬生などから、この子を幸せにしたいという感情が芽生えることから始まります。日々その子のことが気になって来たら運命の1頭なのです。そして縁があれば家族の一員として向かえ入れることができるのです。

 

 

はじめはお互い疲れる日が続くかも知れません。が、心が通い合う日は必ず訪れます。大切なことは日々の生活の中で、飼い主が犬に信頼してもらえるリーダーになることです。信頼できるリーダーとは、愛犬に安心して暮らせる環境を与えてあげることだと考えます。信頼できるリーダーのもとでは犬はストレスなく暮らせます。そして、犬には犬としてのしつけも必要です。

 

 

しつけとはお互いの意思の疎通と言い換えてもいいでしょう。そのためには日ごろからしていいこと、してはいけないことを言葉で伝え、毅然(きぜん)とした態度で接することです。そしてよくできた時は大げさなくらい褒めてあげるのです。犬は褒められることが大好きです。マリアもそうですけど、不幸な生活を経験してきた犬ほど、今の幸せをとても大切に感じるはずなのです。そのせいか、逆に里親として迎えた犬はしつけがしやすいように感じます。

 

 

さぁて、ボクたちはマリアから信頼されるリーダーになれたのでしょうか?

 

 

マリア、どう思う?

  

 

maria_ureshi.JPG


                       まっ、この顔が、お互い、信頼しあっている証拠でしょうか?

http://twitter.com/AoyamaNaoki/

▲このページのトップへ