青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第九章『マリアの幸せ』 05

社会性を身につけさせる意味 その2

 

 

 

もうひとつ、マリアに社会性が早期に身についたポイントとして挙げられるのは、わが家にやってきて始めての外泊、「イマジンドッグス」を訪れたときから、以来、お泊まりするときにほとんどいつも、同じ犬種であり、大先輩のピート君と、その飼い主の小谷野さん御夫婦といっしょだったことでしょう。

 

 

 

犬って、飼い主だけだと日常と同じで甘えがでますよね。それが、トレーニングがしっかり入り、しつけの行き届いたピート君や毎日いっしょにいるわけではない人間といっしょだったものですから、ほんの少しのおすまし感覚と緊張が、社会性を身につけさせることを後押ししたと思います(人間の子供でもそうですよね)。

 

 

 

 

imaginedogsrestrant400.JPGマリア初のお泊まりは「イマジンドッグス」。夕食は半個室のダイニングにて。マリアは始めての経験なのに、いい子にしてました。写真には写ってませんが、テーブルの下手前にピート君がいます。さすがに大きくて、長いすには乗れません。 テーブル右側が小谷野さんご夫婦。房総のペットと泊まれる宿で偶然知り合ったのですが、今では毎月のように、ペットと泊まれる宿にご一緒している友人です。

 

 

 

 

べつにいっしょに行動するのが同犬種じゃなくちゃいけないわけじゃありません。ほかの犬や人間といっしょにいさせることが重要なのです。愛犬と旅するときに同行してくれる犬友達をつくりましょう!

 

 

 

小谷野さん宅ではピート君のほかに、ケイン君(ゴールデンリトリバー)を里親として迎えました。ケイン君は子犬から飼われていた家庭犬でした。飼い主は若い青年で彼女ができると祖父宅にケイン君を預け、祖父は大きくなったケイン君の世話ができないので、不用犬として保健所に引き取ってもらう寸前にボランティアが保護したそうです。ケイン君は2度も飼い主が代わり、子犬のころから放置され人間の愛情を知らずに育った不幸な生い立ちでした。

 

 

 

縁あって小谷野家にきたケイン君は当時、まだ1歳ぐらい。まだ、社会性など身についてるはずもなかったのです。

 

 

始めての旅は中軽井沢にある、「ジャルディーノ」。ケイン君ははじめてのドライブ旅行という経験に緊張し、おびえ、ドッグランではいすの下に隠れたりして、マリアやピート君と一緒に遊ぶことすらできなかったのです。お部屋が2階なのに、階段を怖がり、てこでも動こうとしないケイン君を抱きかかえて階段を上ったりと、大変な旅でもあったのです

 

 

 

 

3retrver_jaldino.JPGケイン君(奥)にとって始めての旅が、ここ、軽井沢ジャルディーノ。とってもペットフレンドリーな宿、スタッフでした。だから今がある。左がマリア、右がピート君。

 

 

 

 

でも、2回目の旅、北軽井沢の「リーオ」で、ケイン君は、宿の敷地内の広大なお庭がたいそう気にいり、それはそれは嬉しそうに遊んでいました。嬉しすぎて高台からダイビングし、みんなを驚かせたものです。今ではケイン君もドライブが、旅が大好きになったみたいです。始めての旅で、飼い主が疲れたとか、犬がかわいそう・・・・といった理由であきらめなくて本当によかったと思います。ケイン君も旅することで、社会性が身についていったのです。

 

 


ret3.jpg

マリアのお友達のケイン君(中央)、ピート君(右)。ゴールデンとラブラドールですが、レトリーバー系同士はさすがに仲良しになりやすい。ケイン君も2頭といっしょにいたことで、社会性が身につきました。 ここは北軽井沢リーオのラウンジ。

 

 

 

わが家の先代犬ナナ(ゴールデンレトリバー)が生前、しつけ教室に通っていたことはお話ししたことがありますよね。阪神大震災の後、地域の有志たちを募った災害救助犬の訓練に参加したことがありました。

 

 

その訓練の際、人間同士が握手をしてあいさつを交わすことから始まります。仲間意識の強い犬は、まわりの人間や犬たちも仲間と意識したようで、犬同士のトラブルはまったくありませんでした。同じようなことが日常の散歩でも言えます。積極的にほかの飼い主に話しかけることで犬同士の社会性を身につけることができるのです。犬は飼い主次第で変わるものなのですから。

 

 

マリアやケイン君にとって大好きな家族や仲間とずっと一緒にいられるドライブ旅行は、犬生の中でもっとも幸せな時間、体験のひとつだと思わずにいられません。その日の様子を見ていれば、分かりますから・・・・・。そして、愛犬の社会性とは、日常の行動範囲から外に出たところで、さまざまな経験から身につくように思います。

 

 

 

 

kein2011.6.jpg

現在のケイン君。とっても優しい小谷野さん家族の元で大切にされ、幸せに暮らしています。顔つきも最初のころとは違って、ずいぶん優しくなりました。 今ではドライブも日常茶飯事。ご主人がカーマニアということもあって、ビュンビュンと、どこへでも連れて行ってもらえます。

▲このページのトップへ