青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第四章 『不思議な力』 02

レモンは手術後の傷がなかなかふさがらず、しばらくは退院できませんでした。

  

 

の間、鹿児島からエクル (後のマリア) を含む第2便の犬たちが東京のボランティアのOさんの元へやって来ることを知りました。Oさんの負担を少しでも軽くできればと、東京での行き先(里親)がただ一頭、決まってなかった(地味だったんですね~)エクルを引き取ることを申し出たのです。Oさんは快くわが家にマリアを託してくれました。

 

 ( そのときの経緯は、第一章 『向日葵の花飾りに込められた希望』を参照して下さい)

 


ある日、Oさんへ連絡すると、レモンはすでに退院し里親になりたいという方が現れ、今はそこで暮らしているというではありませんか。

  

 

詳しく聞くと、そのご夫婦は鹿児島のボランティアのブログを見ていて、レモンの里親を申し出ていたのです。そうして偶然にもレモンが入院していた動物病院のすぐ近くにお住まいで、その動物病院は先代の犬のかかりつけでもあったそうです。

 

 

 深い深い縁をそこに感じました。

  

 

ご夫婦は以前からゴールデンレトリーバーと暮らしていました。そして里親として迎えた2代目のゴールデンレトリーバーを1年ぐらいで癌で亡くしたつらい経験の持ち主でもあったのです。だからこそ、でしょうか、レモンという子が癌であっても、ぜひ面倒をみさせてほしい、と申し出てくれたのだそうです。とても普通では考えられないことです。

  

 

わが家からレモンがいなくなって以来、家庭内には殺伐とした空気が漂っていました (マリアがやってくるまでのハナシですが) 。でも、レモンに新しい里親が決まったことを知って以来、カミサンは自分よりレモンを幸せにしてくれる家族が見つかったことに感謝し、本当に喜んでいたのです。

  

 

素晴らしいご夫婦と家族は、レモンに最大限の愛情を注ぎ、できる限りの高度な治療を施してくれました。しばらくは再発もなく元気に暮らしていたのですが、残念なことに去年再発。再手術を受けたそうです。

  

 

とはいえ、レモンは今、毎日をとても幸せに、元気に暮らしています。その様子を、ご夫婦から直接伝え聞きことができます。あちこちにお出掛けしたときの楽しそうな写真を見せていただくこともできるんです (クルマ酔いはしているらしいですけど) 。もしそのご夫婦の家に行かなかったら・・・レモンの運命は大きく変わっていたかも知れません。

 

 
lemon2008.7_toyama.jpg

 

富山を訪れたときのレモンちゃん。この写真は、現在の飼い主のご夫婦から送っていただきました。写真はもっとたくさんあります。しかし、ますますナナに似ている・・・2008年7月撮影

 

 

今思えば、わが家にレモンではなく、マリアがやってきたことは、"不思議な力"がはたらいた「運命」だったかも知れません。なぜそう思うかと言えば、わが家の犬になるということは、わんわんミシュランや自動車雑誌などで活躍した、初代自動車評論犬のナナの後継犬として国産、輸入車を問わず、多くの新車に乗りまくらなければなりません。

 

 

そしてペットと泊まれる宿評論犬として、「わんわんミシュラン」の調査やプライベートで、長距離&長時間クルマに乗り、ドライブする機会がものすごく多いのです(月に最低1~2回!)。さらに、先を急がなければならないときは、自動車評論家のボクの運転でクネクネした山道を猛烈なスピードで右へ左へとビュンビュン飛ばすことだってあるわけです(それも仕事なんです!)クルマ嫌いで、クルマ酔いするようでは、かわいそうですからね。

 

 

鹿児島から東京にやってきたときから、「クルマとドライブが大好き!クルマ酔いなんかしてる場合じゃないワン!」って言ってるマリアのようじゃないと、わが家の犬は絶対に務まりません。

  

 

ところで、犬は自らの口で「痛い」とか「調子が悪い」とは言ってくれません。飼い主が普段から犬の様子をチェックして、どんな小さな異変にも気づいてあげる気遣いが必用なのです。そう、幼児に対する接しかたと同じだと思います。かゆがっているところ、おなか回りをじっくりと見てあげること。人間と同様に、早期発見であれば、病気を克服することができる確率は飛躍的に高まるに違いありません。

  

 

ただし、かつてナナを診てくれていた獣医さんが「獣医の診断、診療には限界がある。人間と同じようにはいかない」と、ナナが亡くなった夜、告白したように、本犬からの意思表示がないだけに、残念ながら病魔を見過ごすこともありがちです。

 

 

ひとつ言えることは、人間の医療にもあるように、「セカンドオピニオン」の大切さです。1人の獣医が見過ごしたことも、もう1人の獣医が発見できることもあります。1人の獣医が投げ出した病気も、もう1人の獣医が治せることだってあるでしょう。

  

 

カミサンは今夜も時間が許す限り、マリアとジャレ合っています。そして足の裏の毛をカットしたり、耳掃除をしたり、歯の手入れをしたりしています。「まるで子供が犬のぬいぐるみと遊んでいるようだ」そんなふうにも見えますけど、それには愛犬との単なるコミュニケーションというだけのことではない、もっと大きな意味を持っているということだと思います。

 

 

ボクもまた、たまにマリアの体中をなでさすってあげています。本犬としては男のパパにあちこち触られ、「女性に何にすんのよ!」って感じでしょうけど、許して下さい。決してイヤらしい意味じゃないんですから・・・。まぁ、すぐにあおむけになって、おなか、見せるんですけどね。

 

nanika_maria africa.jpgのサムネール画像

    maria

▲このページのトップへ