青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第十五章『愛犬を幸せにしてくれるペットフレンドリーな宿とは?』04

 

マリアが大のお気に入りの宿、それも特別な日に訪れたい宿が修善寺の温泉街にある高級和風旅館の『絆』です。

 

 

南房総に拠点を構えるしぶごえグループのフラッグシップとして2009年にオープン。もともと、旅館だった敷地、建物を使っているため客室などやや古さを感じさせるものの、日本庭園や足湯など、ほかの宿にあまり見られない特徴があります。

 

 

庭園.JPG

           お散歩にちょうどいい広さの日本庭園。オシッコ用のお水も用意されています。

 

 

クルマで訪れると、まずは駐車場ではなく、車寄せへ。そこで番頭さん、専属の仲居さんに迎えられ、荷物を運んでもらい、クルマは番頭さんが駐車場へ移動してくれます。

 

玄関 (2).JPG

 

玄関 (1).JPG

 

 

チェックインは全17室(本館15室、特別室2室)ある客室で。この宿にはチェックインカウンターはありません。ここまででもエクスクルーシブな愛犬との滞在の始まりを予感させてくれます。

 

マリアと訪れたのはマリアの7歳の誕生日。予約は電話でしたんですが、しつこく「何かの記念日ではないですか?」と聞かれました。その理由は後で分かります。

 

部屋に入ると宿からマリアへの誕生日プレゼント。うれしいですね。マリアもボクたちも。

 

 

プレゼント (1).JPG

                     宿からいただいたマリアへの誕生日プレゼント。でも、これだけじゃなかった。

 

 

ここで客室のワンポイントアドバイス。「絆」にはA,B,C、特別室がありますが、よりのんびりしたいなら和室ながらベッドルームが独立したお部屋を選ぶべきでしょう。仲居さんがしてくれるとはいえ、布団を上げ下げしてくれるときって、居場所がない感じがしますよね。

 

 

客室.JPG

 

 

本館客室はAタイプが庭園が見えない向きの布団敷き。Bタイプは庭園に面した布団敷き。今回宿泊したCタイプ、301号室、"たつたの間"は庭園に面し、和室ながらベッドルームが独立したタイプでした。

 

 

夕朝食はもちろん、部屋食。夕食はお品書きに20品もの料理が並ぶ、高級旅館らしい伊豆の海、山の食材が中心の手の込んだ会席料理。

 

 

 

そして愛犬用の食事も手の込んだ会席風料理です。予約した「わんこ御膳 青竹盛り」のお値段は夕食945円、朝食630円とかなりリーズナブル。ペットフレンドリーな宿とはそうあってほしいもんです。夕食後にはマリアのための犬用バースディケーキまでプレゼントしてもらいました!!

 

夕食.JPG

                   マリア用の会席料理 「わんこ御膳 青竹盛り」

 

 

浴衣のまま朝日が差し込むお部屋でいただけるこうした手の込んだ朝食は旅館ならでは。幸福感にどっぷり浸れます(マリアは別の意味で)。

 

 

朝食.JPG

                                                        朝食は全20品以上。とにかく何もかも美味しい!!

 

 

極めつけは館内のあらゆるところ、どころか、客室のお風呂、布団の中まで犬が入れること。後の掃除が大変だと思いますが、まさしく無礼講、犬天国!ペットフレンドリー度満点です。

 

 

ドッグラン.JPG

 

 

宿周辺のお散歩環境も抜群です。敷地内にドッグラン、日本庭園があるほか、一歩外に出ると温泉街の風情ある桂川を跨(また)ぐ赤い欄干や「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009」に輝いた二つ星竹林の小道などが徒歩圏内にあるから最高です。記念写真を撮るスポットだらけ、とも言えます。

 

 

欄干 (1).JPG

 

射的 (1).JPG

 

 

もっともお値段は平日大人1名29400円~(愛犬1頭2100円は安い!)と決してお安くはありませんが、特別な日、記念日にこそ訪れたいとっておきの宿としてマリアも絶賛です。帰宅後に届くサンキューレターも含め、価格対満足度は極めて高いと言えるでしょう。

 

 

ちなみにしぶごえグループのスタッフは全員、動物に関する資格保有者。マリアと仲良しになった若い仲居さんも愛玩動物飼養管理士1級、ペット栄養管理士の資格保有者でした(すべてのスタッフの顔、保有資格はHPで確認できます)。

 

庭園.JPG

                                              

足湯.JPG

たまにはこんな贅沢もいいもんですよね。マリア、1日中、笑顔で楽しい思いしてるんだから、幸せだよな。長生きしろよ。

 

 

▲このページのトップへ