青山尚暉のトップ

Sometime Atlas

第十五章『愛犬を幸せにしてくれるペットフレンドリーな宿とは?』02

マリアがお気に入りで、過去、プライベート、仕事で5回も訪れた、わが家のリピート率のもっとも高い宿が、伊豆・河津の『ホテル四季の蔵』です。開業は2004年と決して新しい宿ではありませんが、 日本のペットと泊まれる高級宿の草分け的存在で、マリアがお仕事として覆面調査!?しているあるウェブサイトでは、ここ8年の間に2回の年間オブ・ザ・ イヤー宿に輝いているほどです。

 

 

宿イメージ.JPG

実際の正面エントランスは階下にあります。ここは駐車場に面した、イタリアンレストラン、オッキドーロの入り口。いい雰囲気です。

 

 

第十五章『愛犬を幸せにしてくれるペットフレンド リーな宿とは?』01にある、ボクが提唱する犬と泊まれるいい宿の13項目の基準のすべてを満たす、実は数少ない宿でもあるのです。

 

しかもオープン当初はよくても、年々質が落ていく宿が多い中で、この四季の蔵はまったく逆 。訪れるたびに進化し、グレードアップを果たしているのです。具体的にはまず、本館のほかに本館から歩いていける距離に離れ家の「リスの庭」、そして1500坪の敷地を独占できる超高級スイートヴィラの別邸「COCORO」をオープンさせ、特別な滞在、リピーターの要望にしっかり応えてくれました。

 

リスの庭2012.3.jpg

 

リスの庭ベッド.JPG

              スイートヴィラ「離れ屋リスの庭」の客室。まるでわが家のように寛げます。 専用庭にはリスの姿も。

 

 

 

そして何よりも、本館であろうと快適さに満ちた滞在です。チェックインはバリのリゾート思わせる中庭に面した、雰囲気のいいラウンジでお茶をいただきながら行え、その間に大きな荷物はペットフレンドリーなスタッフが部屋まで運んでくれといるという一流リゾートホテル並みのサービスが受けられます。

 

夜のラウンジ&バー.JPG

     アジアンテイストある夜のラウンジバー。バーカウンターがいい雰囲気です。 チェックインはここのソファ席で。

 

 

もちろん、全犬種を受け入れ、随所にペットアメニティが置かれた館内のすべての場所に愛犬を同伴可能。犬の入れない場所はありません。敷地内のお散歩は森の散歩道、ドッグランとして森のドッグラン、屋上ドッグラン、ウッドドッグラン、雨の日用の屋内ドッグランがあり、完ぺきです。かつては人間用の温泉施設だったラウンジ横の天然温泉掛け流しの浴場はドッグスパになっています。

 

客室はバリ直輸入の調度でまとめられ、大型犬連れでも十分な広さ。清潔度も文句なしのレベルにあります。

 

客室.JPG

 客室の一例。全室、独立したバストイレ完備。このお部屋は小上がりのり畳の和室とベッドルームに分かれたファミリールーム。

 

 

愛犬とのドライブ旅行の滞在で飼い主の満足度を大きく左右する食事の質も最上級です。しかも本館レストランの本格イタリアンのほか、今では少し離れた場所にオープンさせた本格割烹料理=和食(送迎付 き)も選択可。連泊する場合は特にうれしいと思います。ペットと泊まれる宿で和洋の食事の選択が可能なのは軽井沢プリンスホテル・森のドッグビレッジなど、ペット同伴専用ではない高級ホテルぐらいでしょう。もちろん、どちらを選択しても、満足度は極めて高いと断言できます。本館の明るい日差しが 注ぐレストランでいただく朝食もまた、幸せになれるひとときです。

 

 shikinokura_choshyku.JPG

                    朝食は明るいレストランで。焼きたてのパンの美味しさも格別。数種類あるジュースはフリー。

 

 

そして愛犬を幸せにしてくれるペットフレンドリーな宿の一番初めにホテル四季の蔵を取り上げた最大の理由が、カーデンスパプランで堪能できる、「湯森」、「湯空」のふたつの森の中の貸し切りスパの存在です。もう、身も心も癒やされ、とろけそうになるほどのぜいたくさ、心地よさがそこにあります。もう 、気分は日本じゃありません。アジアのスーパーリゾートの趣です。

 

スパ2.JPG

ふたつあるガーデンスパの片方の「湯森」。ペットと泊まれる宿の究極の露天風呂と言えます。眺めも最高です。ガーデンスパプラン選択時のみ貸し切り利用。もうひとつのガーデンスパは南仏調。

 

 

それでいて、料金は大人1泊2食付きで平日・日曜 17500円~(和食は+1500円)。お薦めのガーデンスパプランは同20500円~とリーズナブル。

 

多くのペットと泊まれる宿は、夕食後、部屋でぐーたらするしかないところがほとんどですが、ここは違います。お酒が好きなボクとしては、本館1階の アジアンテイストな心地よさあるラウンジバーの存在が大いに気に入っています(ビリヤードルームも あります)。夜、食事、バスタイムが終わったあと 、ここでお気に入りのレコード、CDを聴きながら( 持参可)、マリアと1杯。とっても幸せな気持ちになれるのです。

 

NY1_5647修正.jpg

 

 

さらに炭焼きバーベキュー、レンタルサイクル、犬グッズ貸し出しサービス(コスプレなど)、ラウンジでのコーヒー無料サービス、愛犬一時預かりサービスなど、キメ細かなサービスが盛りだくさん。周辺には愛犬と入れる施設も点在し、何度行っても飽きさせません。春は河津桜で賑わう場所でもあるのです。

 

より高級でぜいたくでお部屋が広い宿もありますが、ホテル四季の蔵のように何度もリピートしたくなる宿はそう多くありません。個人オーナーの常に前向きで秀逸な経営手法、アイデアには脱帽です。そろそろまた行きたいな・・・なぁんて思っているところです。

 

中庭マリア.JPG

                                     ラウンジに面した中庭。マリアのお気に入りの場所でもあります。

▲このページのトップへ