え!イノシシの家(いえ) - たちばなれんじの回文どうぶつえん

DSC_6744.JPGえ?イノシシの家(いえ)

謹賀新年(ワン) - atlas

メール年賀状完成版 ★BP.png


みなさま、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


昨年はパパといっしょに、新しいクルマに試乗しまくり、素晴らしい犬と泊まれる宿にドライブ三昧した1年でした。


DSCN0459★.JPG


昨年秋には、ジャックラッセルのララが家族に加わり、さらににぎやかな毎日、ドライブ旅行を楽しんでいます。


2015年、マリアとララはこの小学館ブックピープルの連載のほか、7月には小学館ペットゥモローの連載「青山尚暉のわんこと行くクルマ旅」が始まり、もう4年目に突入する自動車専門誌カートップのマリアの連載「CTDOG」のほか、ムック本「愛犬と行く旅」でも箱根の「レジーナ箱根雲外荘」×VWゴルフ・ヴァリアント、河口湖の「レジーナ富士」×トヨタ・ヴェルファイアを担当。



DSCN8211.JPG

さらに自動車ニュースサイト「レスポンス」のドライブ旅行記事では箱根のグアムドッグ×ホンダN BOXスラッシュ、那須のフォレストヒルズ那須×ホンダ・ステップワゴン、三浦海岸のアレーナ三浦海岸×ホンダ・シャトル、山中湖の凛香山中湖リゾート×BMW218dグランツアラー、軽井沢プリンスホテル・イースト森のドッグビレッジ×FIAT500X、2016年春にグランドオープンする(現在プレオープン中)千葉のドギーズアイランド×トヨタ・シエンタなどの取材に出かけました。




DSCN9340.JPG シエンタドギーズアイランド.JPG


2016年はまたまた新しい犬と泊まれる極上の高級旅館、ホテルがオープンする予定で、シニア犬になってもまだまだララといっしょにがんばります。


ところで、ちょっと早いですが、この春のニュースをひとつ。2016年3月31日から4月3日まで、東京国際展示場で開催される『インターペット~人とペットの豊かな暮らしフェア2016』 で、4月1日(金)の10:30~12:00、メインステージで行われる、ペット業界とは異業種にあたる人たちのトークセッションに、パパがドッグライフプロデューサーとして参加決定!! ぜひ、見に来てくださいね。


byマリア


ドッグプール1217.JPG

2016年もよろしくワン


行く年くる年 - atlas

DSCN1423★.JPG


2015年もいよいよ終わりです。



マリアは2015年もいっぱい遊び、いっぱい食べて、いっぱいドライブ旅行し、いっぱい仕事をしました。


今夜は行く年くる年。お約束の年越し蕎麦の時間です。


マリアもお蕎麦と、お刺身(マグロとサーモン)をいただきました。


来年はもっといい年になるといいなぁ。




私(わたし)・・・したわ - たちばなれんじの回文どうぶつえん

_DSC8469.JPG

54-1ドギーズアイランドメイン2.JPG

ドギーズアイランドのインフォメーションセンター(フロント)



プジョー508SWで訪れた、千葉、小谷流の里にある南仏のリゾートをほうふつさせるラグジュアリーなスパードッグリゾート「ドギーズアイランド」。



63.508SWメイン.JPG

プジョー508SW。美しいワゴンです



2016年12月にオープンしたばかりの「ベーカリーカフェ」で海外のリゾート気分でランチをとり、6面もあるドッグランで遊び、アウトドアショップやセレクトショップでショッピングを楽しみ、「ザ・フォレストテラス」での地産地消のディナーを堪能。滝の流れる水辺に建つウォーターフォールでの居心地にも大満足した滞在です。



朝はまず、小谷流の里の自然の中にあるフォレストウォークへ。


散歩道マリアララ尚暉.JPG

フォレストウォークは1周約20分のお散歩コース


芝生が美しいゴルフ場の間をぬう1周約20分の散歩道で(ロングコースもあり)、森林浴気分を満喫。もうすぐゴルフ場の12ホール近くにあるNO.12カフェやセグウェイ体験も完成するらしいから楽しみワン。



フォレストウォークの途中で.JPG



朝食は、昨晩、ディナーをいただいたレストラン、ザ・フォレストテラスで。室内席とガラス張りのテラス席、解放感ある池に面したテラス席があって、マリアたちは昨晩とは違う、朝の日差しが気持ち良く暖かいテラス席をチョイス。



44.レストランテラス席1216.JPGレストラン、ザ・フォレストテラスのテラス席


ここからなら、水辺越しに滞在しているホテル棟、ウォーターフォールも眺められ、リゾート気分が一段と盛り上がること請け合いです。


メニューは洋食と和食が選べて、マンゴージュースなどのリゾート感ある飲み物も充実。


46.和朝食1216.JPG和朝食混んでいる日はビュッフェに


45.洋朝食1216.JPG朝食。混んでいる日はビュッフェに



そしてなんとなんと、犬用のフードビュッフェコーナー(食べ放題!ヤギミルク飲み放題!気に入ればセレクトショップで買えるよ)もあるんだから嬉しすぎます!!フォレストウォークをトコトコ歩いて、おなかをすかしてきたかいがあるというものワン。



47.朝食ワンコバッフェ.JPGた、食べ放題ですか~


48.ワンコバフェフード.JPG

ここで試食できるフード、ヤギミルクはセレクトショップで購入できます


と、、、、、ララ、マリアのヤギミルク飲んじゃだめだって! がう


49-2だめだってば.JPG



朝食後は絶好のフォトシューティングスポットでもあるドッグプールやじゃぶじゃぶ池で写真を撮ったり、ドッグランでひとっ走りして過ごします。ドギーズアイランドは朝昼夕夜、楽しみ方は自在です。



51.じゃぶじゃぶ池1216-2.JPG

じゃぶじゃぶ池



ドギーズアイランドのチェックアウトは11時とゆっくり(チェックインは14時)。だからパパはウォーターフォールのお部屋に戻って、パーティションを開放したジャグジーで朝風呂を楽しむ余裕です。「夜と朝では気分がまるで違うぜ。これでシャンペンとストロベリー、美女がいればかんぺきだ」なんて言いながらブクブクした泡の中。自称美人ラブラドールレトリーバーのマリアが水着着用で入ってあげてもいいけど、残念ながらここは犬NGスペースわん。



朝のジャグジー1103.JPG

ウォーターフォールのテラスにあるジャグジー



そうこうしているうちにチェックアウトタイム。パパがインフォションセンターのレセプションカウンターで精算をしている間、マリアとララはカフェでまったりしたり、セレクトショップをのぞいたりして過ごします。



51-2.カフェ敏子マリアララ1216.JPG

フロント前にあるとってもオシャレなカフェスペース



でも、こんなに非日常的でラグジュアリーな、まるで南仏のバカンスを楽しんでいるかのようなリゾートライフを楽しみ尽くしても、マリアの場合はお家までクルマで1時間足らず。そんなアクセスの良さ、気軽に来られる距離感もまたドギーズアイランドの大きな魅力。東関東自動車道はいつもすいているから、年末年始やゴールデンウィークだってスイスイたどり着けるはずだしね。



508SWラゲッジマリアララ1.JPG

さぁ、プジョー508SWのラゲッジに乗って帰るよ~



そんなドギーズアイランド、2016年春のグランドオープンまではプレオープン期間限定特別宿泊プランで超お得。しかもここは犬にとっての理想郷。なので、早速、マリアがフロントでわんわん言って、クリスマスイブの予約、しちゃいました。はい。



で、話はいきなり翌週の12月24日、クリスマス・イブ~。


妹のララはもちろん、義理の妹のキャバリアのくるみ、そしてお友達のゴールデンレトリーバーのケイン君を誘ってドギーズアイランドで過ごすことに。宿泊は同じくお気に入りのホテル棟、ウォーターフォール。



DSCN1258★ウォーターフォール着尚暉.JPG

クリスマスイブを過ごすウォーターフォールの入り口だよパパは黒づくめだ。


到着すると、パパはさっそくテラスで白ワインを1杯。付き合いも楽じゃないけど、イブだから許す。



DSCN1286★テラスワイン.JPG



そうそう、お部屋には、もう仲良しになった、クルマも大好きな女性ホテルスタッフMさんからクリスマスツリーのプレゼントが!!


しかも手作りで、オーナメントにはマリアやララの写真が付いていたりして大感激ワン。



DSCN1305★.JPGパーティが始まるよ。奥にあるのがプレゼントされたツリー


DSCN1377★ツリー1.JPG DSCN1379★ツリー2.JPG

クリスマスツリーのオーナメントに注目!!



そしてお部屋でケイン君ファミリーとプチパーティ。毎年恒例ですね~。去年の様子、『マリアとララのクリスマス2014』はコチラ



さてさて、今夜のディナーはあえてクリスマスメニューではなく(パパが苦手な食材があったからね)、通常のフレンチフルコースをオーダーしたもよう。それでもイブの夜にふさわしい、豪華すぎるディナーです。



DSCN1325★.JPG

まずはシャンペン。モエ・シャンドンです。飲みたいな~



コースはシェフからのお・も・て・な・し のアミューズに始まり、サーモン、ホタテ、アボカドのサラダの前菜、千葉県産鶏のクリームスープ カプチーノ仕立 柚子風味のスープ、金目鯛のポアレ 香草クリームソース さつま芋添えの魚料理、牛サーロインのグリル キノコのパイ添えの肉料理と続き、最後にデザート、飲み物、小菓子です。 もうどれも絶品!! とのこと。



DSCN1327★アミューズ.JPGアミューズ


DSCN1332★前菜.JPGお皿も美しい前菜


DSCN1341★スープ.JPGスープ暖っかいんだからぁ~


DSCN1346★魚.JPG魚料理


DSCN1354★肉料理.JPG

肉料理は選択できます


と、肉料理までは、マリアもララも、こっそりパンをいただくだけでいい子にしています。



そしてデザートタイムにいよいよマリアがこっそり注文しておいた、ドッグクリスマスケーキの登場 ン!! 


DSCN1358★犬クリスマスケーキ.JPG


残念ながら、くるみちゃんは食事制限があるので、がまんしてもらって(寝ているから気にせずいただくワン)、マリアとララ、ケインくんで小皿にとりわけ(4:2:4の配分です)いただきました。


DSCN1371★.JPG DSCN1330★くるみ.JPG

くるみちゃん、おやすみ中・・・・


DSCN1362★デザート.JPG

こちらは人間用のデザートです



そんなわけで、なんて幸せなクリスマスなんだろう・・・そんな思いでドギーズアイランドのイブの夜を過ごしたマリアたちでした。ドッグフレンドリーなホテルスタッフのみなさん、本当にありがとう!! また来るね~。


DSCN1211★.JPG

ここは犬の楽園ワン!! (by くるみ、ララ、マリア)



vw.jpg出発ですが、どんなクルマに乗ってきたかは、大人の事情により、公開できません。2016年頭に発表、発売です!!


小谷流の里 ドギーズアイランド
千葉県八街市小谷流624
043-312-1110 
http://doggys-island.jp/

マリアとララのクリスマス2015 - atlas

ウォーターフォール外観1216.JPG

ドギーズアイランド・ホテル棟のウォーターフォール外観。ほとんど南仏のスーパーリゾート



今年もクリスマスのシーズンがやって来ました。12月24日、マリアはララと、義理の妹のキャバリアのくるみちゃんを従え、まだ内緒の新車(なので、写真はNG)で、お気に入りの犬と過ごすスーパーリゾート、パパの知り合いの犬宿のプロ、経営者にして「現時点で日本の犬と泊まれる宿最高峰」と言わしめた、千葉のドギーズアイランドを訪れました。って、先週も来たばかりなんだけどね。


今回もお部屋はレストランにもっとも近い、ホテル棟のウォーターフォール。1階のスタンダードルーム1101号室です。


DSCN1258★ウォーターフォール着尚暉.JPG

ウォーターフォールに着いたよ



到着すると、まずはお約束のドッグプールで記念撮影。ドギーズアイランドの休日のスタートにふさわしい、南仏風リゾートの雰囲気たっぷり。


DSCN1211★ブ゜ール.JPG

また来ちゃったよ


チェックインを済ませ、クルマでウォーターフォールに移動。1101号室は突き当たりの角部屋のお部屋。 くるみちゃん用にレンタルカートを借りました。


DSCN1270★ウォーターフォール1101.JPG

くるみちゃん用にレンタルカートを借りました。宿泊者は無料です!


DSCN1224★リビング.JPG広々として清潔なリビングルーム。これからプチパーティわん


DSCN1279.JPG

テラスからは水辺と滝、そしてベーカリーカフェが眺められます。絶景!


パパはさっそくテラスでクリスマスイブ気分を盛り上げるため、白ワイン!! マリアも付き合うのが大変ですが、今日はクリスマスイブなので許します。


DSCN1286★テラスワイン.JPG

18.1103テラスジャグジー.JPG テラスの横にはジャグジーが。


そうそう、今年もマリアのレトリーバー友達のケイン君もお隣のお部屋にお泊まり。わが家はここ数年、クリスマスイブはケイン君ファミリーといっしょなんだ。


で、どちらかのお部屋に集合し、ケイン君ママが用意してくれた特製のケーキをいただきます(この時点では人間だけ)。



DSCN1305★.JPG

ケイン君ママが持ってきてくれたケーキと紅茶セット


すごいのは、ちゃんとティーカップ、茶葉まで持参していること。今回はリチャード・ジノリのオリエント急行のロゴ入りのティーカップです。ララ、落として割ったりしたら、大変わんよ。


DSCN1313.JPG




ところで、お部屋に入ったら、今では仲良しになったホテルスタッフさんが用意してくれたクリスマスツリーのプレゼントが、リビングのテーブルに置かれていました!! それも、以前ここに来たときのマリアたちの写真がオーナメントとして飾られていた手作り品なのだからびっくり!! 感動ものです。



DSCN1228★ツリー001.JPG

このツリー食べられるワンか(by ララ)?食べられません!


DSCN1377★ツリー1.JPGマリアとララが写っているよ


DSCN1379★ツリー2.JPG



さて、いよいよお楽しみのクリスマスディナー。今夜はクリスマス特別ディナーではなく、通常のディナー、フレンチのフルコースを注文しました~。



35.レストラン1216.JPG

メインダイニングのレストラン ザ・フォレストテラスにて


まずはお約束のシャンペンタイム~。 ポン


DSCN1325★.JPG


ジャーン、キンキンに冷えたモエ・シャンドンです。 マリアとはもう仲良しのスタッフさんが注いでくれました。


DSCN1322★モエ.JPG



そしてシェフからのお・も・て・な・しのアミューズに始まり、サーモン、ホタテ、アボカドのサラダの前菜、千葉県産鶏のクリームスープ カプチーノ仕立 柚子風味のスープ、金目鯛のポアレ 香草クリームソース さつま芋添えの魚料理、牛サーロインのグリル キノコのパイ添えの肉料理と続き、最後にデザート、飲み物、小菓子です。 もうどれも絶品!! とのこと。



DSCN1327★アミューズ.JPGアミューズ


DSCN1332★前菜.JPG前菜お料理もお皿も 美しすぎる!


DSCN1341★スープ.JPGスープ


DSCN1346★魚.JPG魚料理


DSCN1354★肉料理.JPG肉料理


DSCN1362★デザート.JPG

デザート



と、ここまでは、マリアもララも、こっそりパンをいただくだけでいい子にしてます。


そしていよいよマリアがこっそり注文しておいた、みんなにはサプライズのドッグクリスマスケーキの登場ワン!!  残念ながら、くるみちゃんは食事制限があるので、がまんしてもらって(寝てるから気にせずいただくワン)、マリアとララ、ケインくんで小皿にとりわけ(4:2:4です)いただきました。



DSCN1358★犬クリスマスケーキ.JPG

シェフ特製のドッグクリスマスケーキ


DSCN1330★.JPGくるみちゃんはカートの中でスヤスヤ夢の中



DSCN1371★.JPG



そんなわけで今年もまた、とっても素敵で幸せなクリスマスを過ごすことができました。ありがとう、ドギーズアイランドのスタッフさん!


ベーカリーカフェでランチ1224.JPG

帰りがけ、オープンしたばかりの絶品料理が味わえるベーカリーカフェでランチ。奥にはケイン君もいるよ









ウォーターフォール外観1216.JPG

ドギーズアイランド 後に見えるのが今回泊まったホテル棟のウォーターフォール



東京からクルマでわずか1時間という距離にある、マリアたちが大のお気に入りの犬の楽園、ドッグリゾートの「ドギーズアイランド」。2016年春のグランドオープンを控えた今は、プレオープン記念の特別料金でお泊まりできるからお得です(2016年3月31日まで)。


                             
南仏のレークリゾートを思わせる「ベーカリーカフェ」でランチし、ウォーターフォールというホテル棟にチェックイン。広々としたテラスを備えた半露天ジャグジー付きのお部屋でまったりしたあとは、早速、お散歩がてら、オープンしたばかりのアウトドアショップ「LADYBIRD KOYARU SHOP」へ。といってもお部屋から徒歩数分なんですが・・・・。


25.アウトドアショップ外観.JPG11月にオープンしたばかりのLADYBIRD KOYARU SHOP


店内に犬が入る場合、抱っこかカートで。もし中大型犬でカートを持参していなくても大丈夫。入り口でカートを貸してくれるワン。マリアも大型犬用にカートにすっぽり入ってみました。


26.アウトドアショップカートマリア1216.JPG意外に快適ワン


27.アウトドアショップ店内1216.JPG
 
  
アウトドアショップであれもほしい、これもほしいと盛り上がったあとは、そのまま敷地内を探索。まずはじゃぶじゃぶ池。この季節、じゃぶじゃぶするには勇気がいるけれど、記念写真を撮るのにはいいスポットわんよ。



28.じゃぶじゃぶ池尚暉マリアララ.JPG

ジャブジャブ池にて

 

そして待ってました!の森の中にあるドッグランへ。小型犬用1面、中大型犬用2面のほか、貸切りドッグランが3面完成したばかり。どれも広くてマリアとララでガウガウ追っかけっこの大運動会開催です。今年10歳になったマリアだけど、こうした清々しく、広々としたノーリードの自由な環境だと、まだまだすばしっこいジャックラッセルのララを全速力で追いかけられるんだよ。ドッグランは健康の秘訣ワン!


29.貸し切りドッグラン1216.JPG貸し切りドッグラン

 


ドッグランでのびのび遊んだあとは、ちゃんと足洗い場で足を洗ってから、インフォションセンターの奥にある、超オシャレな、高級ブティックを思わせる犬のブティック、セレクトショップへ。厳選されたフード、おやつ、そしてバッグ、リード、カートなどさまざまなアイテムが並び、どれもほしくなるものばかり。マリアは10月にここに始めて来て以来、ここで買えるおいしいおやつを常備。ぞっこんです。



30.セレクトショップ1216.JPGセレクトショップは高級ブティックの雰囲気


セレクトショップ1216-2.JPG品揃えの豊富さにびっくり

 


ところで、セレクトショップのフロアをララが歩くとカチカチ足音が。そうか、爪がのびてるんだ。そこでララをセレクトショップの横にあるトリミングサロンへマリアが連れて行きました。シャンプーやカットコース、ドッグエステのほか、5点セット(爪きり・耳掃除・足裏バリカン・肛門周りバリカン・足回りカット)もあって、料金は1480円とリーズナブルだから、毎月、自動車評論犬!?犬と泊まれる宿評論犬!?のお仕事しているマリアのわんわん財布から出して上げるよ。つめ切りだけなら480円だしね。



30-2トリミングサロン1216.JPG

トリミングサロン

 


ドギーズアイランドに着いて、ベーカリーカフェでランチして、お部屋でまったりしてドッグランで遊び、アウトドアショップやセレクトショップでショッピングしているうちに、マリアとララとしては今日最大のイベント、ディナーの時間です。マナーとしてララとお揃いの洋服を着用し、ウォーターフォールのロビーからは1分もかからない場所にあるレストラン、ザ・フォレストテラスへ。



33.レストランエントランス1216.JPG

 

入り口を入るといきなりワインセラー。まさに高級レストラン。最初ここにきたとき、マリアもララもレストランのグレードの高さに、さすがに背筋がのび、緊張したものですが、今ではスタッフとも仲良しのおなじみのレストラン。それにしても、こんなに素敵なレストランに犬が入れるなんて、マリアもララも幸せワン。生きててよかったって、本当にそう思います。


34.レストランワインセラー.JPG 35.レストラン1216.JPGこちらは落ち着いた店内席。ほかに半テラス席もあります

 

お料理はフレンチのコース料理が基本。近隣農園から届いた新鮮な野菜、房総の魚介、ブランドポーク、千葉ならではの落花生など、地産地消をコンセプトとしたもの。メニューは宿泊プランによって、お料理だけだと8000円、5000円の2コース。今回は「プレオープン期間限定 特別宿泊プランA(夕朝食付)」の5000円のコースをいただくことに(パパたちが、ですが。宿泊料金に含まれます)。

 

その内容は凝った前菜に始まり、メイン料理は牛サーロインのロースト和洋のソースと山葵 野菜添え、房総半島で水揚げされた魚介のアクアパッツァ、美明豚のしゃぶしゃぶ ポン酢、ピーナッツたれから選択します。


36.デイナー前菜1216.JPG

美しく盛られた前菜


パパたちがチョイスしたのは、寒い季節にうれしい美明豚のしゃぶしゃぶ。コシヒカリの御飯、味噌汁、お漬け物、フォレストテラス・デザート、コーヒー、紅茶の飲み物も付いてくるんだよ。


40.しゃぶしゃぶ1216.JPG

しゃぶしゃぶ。ピーナッツたれが超美味とか


牛サーロインのロースト.JPG

     こちらは牛サーロインのロースト


なんて、人間用のお料理の説明をしている場合じゃありません。ここにはちゃんと犬の栄養を意識したドッグメニューもあって、メインメニューのゲストドッグプレート(Sサイズ1200円~)、鶏のささみステーキ、ハンバーグ、コロッケ、増水、肉じゃがなど10種類以上のメニューから選べる贅沢さ。ちゃんとシェフが作っているから、味は保証付き。すでにお部屋でフードを減量!?して食べてきているので、大型犬のマリアはゲストドッグプレートMサイズ、小型犬のララはSサイズです。おいしくてたまりません。



38.ワンコデイナー1216.JPGゲストドッグプレートMサイズ


39.ワンコデイナー中1216-2.JPG

            


優雅なディナータイムを満喫し、パパたちもマリアたちもお腹いっぱいになってレストランをあとに。お部屋があるウォーターフォールまではすぐなので、ここは腹こなしに、ヴィラの横の小道をお散歩。夜道は暗いけれど、敷地内だから安心ワン。


ウォーターフォールのお部屋に帰って来て、改めて思ったことは、ワンフロアのメリット。飼い主がどこにいても、犬の様子が分かり、それはまた犬にとっても安心安全。ふたつのベッドルームはリビングと引き戸で仕切られるから、ちょっとだけ開けておくことも可能なんだ。もちろん、マリアとララはいい子だから、「ベッドルームには入っちゃだめだよ」と言われれば、その隙間から入ったりしないよ。

                       
犬と泊まれる宿の多くは、夕食後、お部屋に帰ってくるとただのんびりするだけだけど、ドギーズアイランドのウォーターフォールの滞在は違います。



夜のテラス1216.JPG夜のテラス。外はライトアップされてます


滝の音をBGMにテラスで1杯やる、シャンペン片手に泡ブクブクのジャグジーに入る、大型液晶TVで持参したDVDを観る、犬はセレクトショップで買ってもらったウェアの試着大会をする・・・そんなさまざまな楽しみがあるワンね。


夜のジャグジー1216.JPG夜のジャグジー。パーテーションを下ろすこともできます


パパたちは床暖房でホカホカしたリビングルームで大人のリゾートライフ、優雅な酒宴を堪能中(ミニバー完備ですから!)。その付き合いは犬としてはけっこう大変ですが(おつまみをくれない場合)、照明をいいカンジに暗くしてもらって、マリアたちはそろそろ寝ます。ララ、明日も楽しいことがきっといっぱいあるからね・・・。


「ここにいると、まるで海外のリゾートにいるようだ。犬連れで海外旅行している気分が味わえるなんて贅沢で幸せだな」。パパたちのそんな楽しげな会話を遠くに聴きながら、マリアもまた幸せいっぱいの気持ちで眠りにつくことができました。


今日のイメージ1216ドギーズアイランド.JPG今日のイメージbyマリア


                  

続く・・・・


小谷流の里 ドギーズアイランド
千葉県八街市小谷流624
043-312-1110 
http://doggys-island.jp/

立(た)ったわー、渡(わた)った! - たちばなれんじの回文どうぶつえん

DSC_2537.JPG

マリアの今年の仕事納めはCT DOG ミニ・クラブマン - atlas


今日はマリアの連載、カートップ CT DOGの撮影でした。取り上げたドッグフレンドリーカーはミニ・クラブマン。 ララとお揃いの、今年のクリスマスプレゼントのはずの紫の水玉の洋服をこっそり着てみました。


P1090523★.JPG

クリスマスプレゼントなんですが、もう着ちゃいました。


とはいえ、えーっ、小さなミニに大型犬のマリアが乗れるものか? そんな疑いをもって、いつものロケ地、潮風公園に出かけたのでした。



P1090512★.JPGビッグなミニです



しかーし、クラブマンってミニなのにけっこうでかい。乗ってみると、後席は広々、ラゲッジも使いやすくて、犬はリヤドアから乗車し、後席に乗るのもよし、4:2:4分割の後席のどれかを倒して、後席から意外に広いラゲッジに移動し、寛ぐのもよし。


P1090490.JPG

後席、広いです。本革シートはオプション。


P1090454.JPG

撮影中。ラゲッジも広いよ



さらに、ラゲッジに乗ったとしても、4:2:4分割の後席の中央2部分を倒し、ラゲッジと後席をつなぐことで、ラゲッジに乗った犬と飼い主がアイコンタクトできて安心ワン。マリアはグイグイと後席に座ったパパのほうに移動したけどね。 ほとんど後席に乗ってますが....。


P1090470★.JPGラゲッジに乗っても、寂しくないよ


しかも、ミニらしからぬ!?後席エアコン吹き出し口もあって、後席、ラゲッジにもエアコンの風が届き、暑い夏はもちろん、寒い冬でも快適そのもの。



P1090473.JPG

後席エアコン吹き出し口。風量、風向きも調整できるよ



ラゲッジは大容量の床下収納があり、その蓋となるフロアボードは固定も簡単楽々。実によく考えられています。さらにラゲッジに左右、観音開きのバックドア内側にもポケットがあって、ワンコグッズを収納する場所にもまったく困りません。



P1090476.JPG

広くて使いやすいラゲッジ。リヤから乗るのはちょっと大変


走れば、ロングホイールベース、クラス上のミニらしく、乗り心地はミニ史上最上の快適感とフラット感、上質さ。もうにびっくり。ゴーガートモードにしても、ふつうのミニのような飛び跳ねる(そこがミニらしくていいらしいんだけど)感じはナシ。ちょっと硬めの乗り心地になるイメージわん。巡行中の車内の静けさもまた、プレミアム。自称自動車評論犬!? のマリアとしては、ミニ初のドッグフレンドリーカーに認定しちゃいます!!


P1090520.JPG意外だけど、ドッグフレンドリーカーに認定!


で、仕事終わりは、お台場のDOG DEPTでわんわん食事。クリスマスシーズン限定のわんこ用ローストビーフをララといただきました。やっぱ、肉だな。


DOGDEPTターキー.jpg

誰よりも早く、クリスマス気分のマリアとララ


00.ドギーズアイランドメイン.JPG

南仏のレイクリゾートを思わせる景観



今、マリアとララ一番のお気に入りの犬と泊まれるリゾートホテルのひとつが、千葉、小谷流の里に今年5月にプレオープンし、2016年春にグランドオープンを控える「ドギーズアイランド」。


何しろ今年の秋に始めて訪れて以来、もう3回も訪れたほど(今年4回目の予約も入ってます)。ドッグライフプロデューサーの肩書だけじゃなく、トラベルジャーナリストとしても活動し、世界中のリゾートを取材してきたパパいわく、すぐにでもリピートしたくなるところこそ、その人、家族にとって最高の宿、リゾートなんだよ・・・という言葉は本当です。


「ドギーズアイランド」は東関東自動車道・佐倉ICからクルマで約15分の距離にあって、東京からもっとも近く、関東最大級の、隣接する系列のゴルフ場を含めるとおよそ100万平方メートルの敷地に一角にある緑と水に囲まれた犬の楽園わん。


ドギーズmap.JPG

 フォレストウォークのNo.12CAFEは現在、準備中



広大な敷地内には南仏を思わせるピンクの壁が鮮やかなフロント機能を併せ持つインフォションセンター、宿泊施設のヴィラ、ホテル、レストラン、ドッグプール、じゃぶじゃぶ池、サイズ別、貸し切りを含む6面のドッグラン、ゴルフ場の合間を抜ける遊歩道のフォレストウォーク、インフォションセンター内にあるカフェ、高級ブティックを思わせる犬用品のセレクトショップ、トリミングルーム、犬の一時預かりスペースなどがあって、欧米の自然の中のリゾートのように、この中だけでも滞在が完結する一大リゾートなんだ。


0.ドギーズアイランド1216インフォションセンター.JPG

 

今回、訪れたのは、つい最近「小谷流の里ベーカリーカフェ」とアウトドア用品を扱う「LADBIRD KOYARU SHOP」がオープンして、ますます充実したリゾートライフを再体験したかったから(2016年にはフォレストウォークの途中のNo.12 CAFÉ、セグウェイ体験コーナーもオープンするらしい)。


ドギーズアイランドに向かうクルマは、ドギーズアイランドの南仏のレイクリゾートのような雰囲気にこれ以上似合うクルマはほかにない!とマリアが思う、フランス車のプジョー、それもモータージャーナリストでもあるパパが「ステーションワゴンとしてこれ以上美しいスタイルを持つクルマはほかになし!」と言っている508SW。


63.508SWメイン.JPG

 プジョー508SW


もちろん、ただスタイリッシュなだけじゃなく、マリアがわんわん調査したところ、後席、ラゲッジともに低めで犬が乗り降りしやすく、後席用エアコン吹き出し口は左右別々に温度調整できるフルオートタイプで、なおかつ後席背もたれ中央部のアームレストを倒し、蓋を開けるとラゲッジとキャビンをつなぐ「窓」ができて、ラゲッジに乗った犬と買い主がアイコンタクトできて犬が寂しくなく、またエアコンの風も届きやすいメリットがあるワン。



508SW後席スルー空間.JPG

乗り心地はフランス車ならではの路面を問わない徹底したフラット感が、車内でどこかにつかまれない犬に優しく、後席に差す日差しをやわらげてくれるリヤサイドウインドーのロールブラインドなどの装備、快適感もまたドッグフレンドリー。



さて、そんなプジョー508SWで東京から約1時間という近距離にある「ドギーズアイランド」へ。ここはチェックイン14時、チェックアウト11時と滞在時間の長さもまた、日本ではめったにない本格リゾートテイスト。でも、マリアたちは早々、お昼ごろに到着。まず訪れたのはオープンしたばかりなのに愛犬家で賑わっている、焼きたてパンが早くも評判の(テイクアウトもあり)「ベーカリーカフェ」。そこでのランチタイムを楽しみます。


2.508SWベーカリーメイン.JPG

敷地内の小谷流の里ベーカリーカフェに到着


犬は専用の入り口からトコトコ入り、テラス席にしか入れないけど、居心地の良さ、雰囲気、そこからの眺めは南仏のレイクリゾートそのもの。


3.ベーカリーカフェ外観俯瞰.JPGベーカリーカフェ


パパたちが注文したのはエッグベネデイクトとシーフードセット。店内にある焼きたてパンはセルフサービスでおかわり自由。マリアもララもわくわくします(なんでだ!byパパ)。スタッフさんいわく、グラタンも超おすすめなんだって。


4.ベーカリーカフェテーブル1216.JPG

     ワンコはテラス席で 


その料理は、さすがドギーズアイランドのメインダイニング、ザ・フォレストテラスのシェフが手がけるだけあって、多くの犬連れOKのカフェとは一線を画すレベル。クルマを飛ばしてランチだけでも食べに来る価値、大ありワン。


5.ベーカリーカフェテーブル.JPG

左)エッグベネディクト、右)シーフードセット
                       


ゆったりと時間が流れる、滝の音を聴きながらのランチタイムは、ほとんど海外の高級リゾートにいるようだ!と、海外の高級レストランにも通うパパも大感激しています。マリアとララもこっそり焼きたてパンの美味しさに舌鼓。幸せワン(メインダイニングのザ・フォレストテラスでもランチ営業してます)。

              


そうこうしているうちに14時のチェックインタイム。ねっ、ここに早めに来る意味、分かったでしょ。

 

チェックインはインフォションセンターで。すぐ隣にはドッグプールもあって、徹底して南仏のリゾートの雰囲気満点。もちろん、インフォションセンターには犬もいっしょに入れて、超オシャレなカフェスペース、テラスも利用できるんだから犬も快適、パーフェクト。


1.到着ドギーズアイランド1216.JPG

ドギーズアイランドに到着したよ



9.チェックイン1216.JPGチェックインは大理石張りのフロアで犬といっしょに


10,カフェマリアララ尚暉.JPG

                インフォメーションセンター内には超オシャレなカフェもあります


ドギーズアイランドの宿泊施設はファミリーヴィラのフォレストステージ、ハイエンドなラグナスイートテラスなどがあり、今回、宿泊するのは滝のある水辺に建つ3階建ての「ウォーターフォール」と呼ばれるホテル棟。


11.ウォーターフォールエントランス508SW1216.JPG

 ウォーターフォール前に到着部屋番号がふられた専用駐車スペースにクルマを停めます



南海のリゾートを思わせる入り口にある足洗い場で足を拭き拭きして、1階の1103号室へ。ちなみにクルマはチェックインの際はインフォションセンター手前の一時駐車スペースに停め、チェックイン後は宿泊施設前の専用駐車スペースに移動します。



14.ウォーターホールバックマリアララ.JPG

ウォーターフォールを水辺側から見たところ。スーパーリゾートそのもの。


                                   

そこはワンフロアのスタンダードタイプとはいえ2ベッドルームで79平方メートル(広々したテラス、ジャクジースペース含む)の広さ。最新設備の暖房付きバスルーム、テラスのパーテーションカーテン付きジャグジー(追い焚き機能が嬉しいbyパパ)、オートマチックなトイレも完備しているんだよ。


ペットアメニティ1216.JPG玄関にはドッグアメニティが用意されています。


15.ウォーターフォール1103リビングマリア.JPGモダンで明るいリビングルーム。

                                


テラスからは滝のある水辺やベーカリーカフェ、ザ・フォレストテラスを一望できて、もうリゾート気分満点。パパはさっそくテラスでビールなんかをグィとしてリゾートしてます。


16.1103テラス.JPG

          


室内はバリアフリーで高級リゾートホテルならではの各種アメニティーが揃い、床暖房も完備していて清潔そのもの(犬はベッドルームとバスルーム、ジャグジースペースのみ入れません)。お散歩バッグを始めとするドッグアメニティも充実しています。


20.サークルララ1216.JPG


ララが気に入ったのは、フカフカのクッションが備わったクレートスペース。始めて訪れた犬も安心して過ごせる様々な配慮に大満足ワン。

                           

21.1103内風呂.JPG

バスルームは暖房付き。


パパたちはお部屋でまったり。早速、ジャグジーに入ろうか!というリゾート気分、勢いですが、ちょっと待ってワン。マリアとしては敷地内の探索に出掛けたいところ。お部屋でのんびりしているばかりじゃ、広大で施設充実のドギーズアイランドを楽しみ尽くせないからね(宿泊3回目のマリア談)。


18.1103テラスジャグジー.JPGテラスには眺めのいいジャグジーが。パーテーションカーテンも完備。テラスとも仕切れます。


続く・・・・・








最近のコメント